【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

【就活生が語る】22卒で内定なし(NNT)の人が内定をもらう方法を紹介します。

就活生

22卒の就活生なのですが、まだ内定がないです。

なんとかして内定が欲しいです。

もう就活浪人するか迷っています。

今回はこういった疑問に答えていきます。

✔️この記事を読むとわかること

  • 22卒の求人状況
  • 何がなんでも内定を取りたい22卒の学生が何をするべきか
  • 就活浪人をするべきか
  • 内定がでない人の特徴

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

現在、22卒で内定なし(NNT)はまずい?

結論を言うと、この記事を見ている時期によっても変わるでしょう。

※最終更新日2021年7月5日

2021年内にこの記事を読んでいる人はまだ大丈夫です。求人募集をしている企業はたくさんあります。

2022年の1月から3月の間にこの記事を読んでいて「内定なし(NNT)」の人は焦るべきです。

とは言っても22卒の就活はコロナウイルスに大きく影響された就活です。

少しだけ22卒就活の特徴を振り返ってみましょう。

✔️新卒採用人数を減らすと答えた企業が22%も

共同通信社は18日、主要110社を対象とした22卒の就活生の採用に関するアンケートを行い、新卒採用人数を減らすと答えた企業が22%もあったそうです。

✔️4月の段階での内定率は前年をわずかに上回る結果に

ディスコの調査によると、22卒の内定率は前年よりもわずかに高くなっている。

特出するべき箇所は「複数内定保持者が前年よりも多いところ」である。

ということで、上記を要約すると、

22卒就活は少なくなった椅子を多くの人数で争っている中、複数の椅子を持っている人が例年よりも多いため、今まで以上に倍率が高い選考になっている

ということです。

実際にTwitterをみてみると、

といった声も見受けられます。

就活生

やっぱり22卒の就活は難しかったのか…

でもこれからどうすればいいの?

就活の先生

結論を言うと、22卒の就活生として就活を続けるか、就活浪人をして23卒として就活を続けるかのどちらかになります。

就活浪人という手もありますが、個人的には22卒として内定をもらい、就職することをおすすめします。

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

dodaキャンパス→転職大手のdodaが展開する逆求人サイト。特徴はES添削や面接対策などが使えること。登録学生数が30万人を突破している。ES添削や面接対策をしたい人におすすめ。

22卒の求人状況はどうなの?

就活生

22卒として就活を続けることがおすすめなのはわかったんだけど、求人状況ってそもそもどうなの?

22卒の選考はまだ現在進行形のため、求人状況を断言することは難しいですが、過去のデータから推測することは可能性です。

採用大手の@人事によると、2021年卒の例を出すと、2021年1月からも採用活動を継続すると答えた企業が35%もいました。

その中でも事実、3月のギリギリまで採用活動を続けると答えた企業が10%以上いました。

つまり全企業のうち、10%の企業は3月末まで採用活動を行なっているのです。

就活の先生

正直、数%くらいかなと思っていましたが、こんなにもギリギリの3月まで採用活動をやっている企業があるなんてびっくりしました。

むしろチャンスですね。

これはあくまでも21年卒の就活の例ですが、22卒にも同じような状況が起こると思っています。

なので、22卒で7月以降も年内の就活を続けていくことは全く問題ありません。

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...

22卒で何がなんでも内定を取りたい人は何をするべき?

就活生

求人もそれなりにあって、チャンスがあるなら22卒として内定をもらって就活を辞めたいんだけど、どうすればいい?

具体的には以下の3つのことを実践しましょう。

  • 就活エージェントを使う
  • 採用をまだ行なっている企業をリストアップする
  • ベンチャーや中小企業にも応募する

順を追って解説していきます。

就活エージェントを使う

まずみなさんにぜひ実践して欲しいのが就活エージェントを使うことです。

就活エージェントとは、就活生の皆さんを企業に内定させることで、提携先の企業からお金をもらえるビジネスのことを言います。

就活生

なんか就活生のことを「商材」みたいにして斡旋しているような感じがするんだけど…

実際、就活エージェントについてネットで調べるとそういった情報がよく見受けられます。

ただ就活エージェント全体の流れとして近年はそういった「学生に合わない企業に斡旋する」ということはなくなってきました。

就活の先生

とはいっても、いまだにそういった企業は一定数存在するみたいです。

みなさんの大事なファーストキャリアを決めるので、変な就活エージェントには引っかかってほしくないです。

なので私がおすすめするのが、私がインタビューまで実際に行ったJobSpringという就活エージェントです。

JobSpringは、就活生のことを第一に考えている就活エージェントです。

そのため、就活生に紹介する企業数はたったの3〜5社程度となっています。

また就活エージェントごとにアドバイスの誤差を無くすためにウェブテストを導入しているため、公平なサービスが受けられることもこのエージェントの特徴です。

【評判】就活エージェントサービス「JobSpring」についてインタビューしました! こんにちは、ヒビキです。 みなさんは就活エージェントサービスを使ったことはありますでしょうか?コロナウイルスの影響でオンライン化...

上記が実際にJobSpringの担当者にインタビューさせていただいた記事になります。

どの就活エージェントが良いかわからない人はとりあえずの「JobSpring」をおすすめします。

就活エージェントは何社でも使って大丈夫、むしろ使うべきなので、もう常に使っている人も心配をする必要はありません。

採用をまだ行っている企業をリストアップする

次に行って欲しいのが、採用を行っている企業をリストアップする方法です。

就活エージェントが受け身の就活だとしたら、採用を行なっている企業をリストアップして応募するのは、アクティブな就活です。

就活生

普通にリクナビとかで募集している企業に片っ端から応募すれば良くない?

それをしてしまうと、内定が遠くなってしまいます。

いくら喉から手が出るほど欲しいと思っていても、対して興味のない企業を受けていては時間の無駄です。

相手にも興味がないことが伝わってしまいますし、自分が受かっても行きたくない企業を受けても意味ないですからね。

なので一旦、選考を行なっている企業をリスト化し、その中から行きたいと思える企業を10程度ピックアップすることをおすすめします。

ピックアップするときですが、いくつかの軸を用意すると良いでしょう。

勤務地や年収、職種などの軸がおすすめです。

もし企業選びの軸の決め方がわからない人は以下の記事がおすすめかもしれません。

企業選びの基準はどうやって決める?本音と建前を使って決めましょう。 企業選びの基準はどうやって作ったらいい?企業選びに関して作るべき基準は何?そもそも企業を調べるのはどうするのがいいの? 皆さ...

ベンチャーや中小企業にも応募する

流石に大手の多くは夏頃には選考を終えていますので、この時期まで選考はやっていません。

ただ中小企業やベンチャーは選考を続けているところが多いです。

就活生

知名度があって、それなりにいいところに行きたいんだけど…

個人的にはベンチャー企業に行くことは、とてもおすすめです。

近年就活生の間での人気は高まってきていますし、収入もベンチャーの方が大手よりも高くなることもよくあります。

大手に行くよりも実践的な経験が多く身につきますし、僕はそういった理由でベンチャーを選びました。

ちなみにベンチャー企業を探しているなら、Wantedlyというサイトがめちゃめちゃおすすめです。

中途メインのサイトなのですが、地味に新卒向けの求人も多く、今をときめくベンチャーの求人も結構多いです。

まとめると、22卒就活生で内定なしの人は、

  • 就活エージェントを使う
  • 採用をまだ行なっている企業をリストアップする
  • ベンチャーや中小企業にも応募する

といった感じです。

内定がでない人の特徴を解説します

ここからは内定がでない人の特徴を紹介したいと思います。

具体的には以下の4つのどれかに当てはまっていたら、見直しをする必要があります。

  • 志望動機が浅い人
  • 企業分析が浅い人
  • 自己分析が浅い人
  • 面接中にハキハキ喋らない人

順を追って解説していきます。

グループ面接で落ちる人の特徴を解説します。【グループ面接理解していますか?】 困ったくん グループ面接に受からない。 どういう人がグループ面接で落ちる人なの? 困ったさん そもそもグループ面接って通...

志望動機が浅い人

まず質問なのですが、皆さんが使っている志望動機はオンリーワンの志望動機になっていますか?

また、その志望動機は皆さんの過去と結びついていますか?

もしそうでないならば、いますぐ自分の志望動機を見つめ直しましょう。

志望動機というのは、当たり前ですが、その会社しか志望できない理由になっていないとダメです。

何社も当てはまる志望理由を書いていては

面接官

「これってうちでなくてもいいよね?なんでうちなの?」

という質問に全く答えられません。

そして志望動機は皆さんの過去とリンクしている必要があります。

なぜなら突然「この企業に行きたい!」となることはないからです。

例えば、カメラ系の会社に就職したい人なら「学生の頃から色々な瞬間をカメラでとらえてきて、それが楽しかったし、カメラにしかできない思い出を残す力がある。だからカメラ業界に就職したい」と言えば、納得の理由ですよね。

しかし過去にカメラについて何も触れていない人が突然「カメラっておしゃれだからいいなと思いました」と言っても、全く納得の志望動機じゃないですよね。

このように良い志望動機は「過去とリンクしている」志望動機なんです。

もし志望動機の書き方がわからない人は以下の記事を参考にすると良いでしょう!

【簡単】22卒就活生が実際に使って8割以上通過した志望動機の書き方を教えます。志望動機の書き方がわからないという人多いですよね。僕も就活生の時は志望動機は思いつかないし、思いついても良い書き方がわからないと感じていました。なので今回は、志望動機の書き方の解説します。...

企業分析が浅い人

皆さんは企業分析をどれくらいやっていますか?

これは私の個人的な意見ですが、1企業に対して1時間以上の企業分析は必要だと思います。

就活生

いやいや、そんな企業分析をする必要なくない?

そんな方はまず「そもそも企業分析ってなんのためにするんだっけ?」という問いを考えてみましょう。

企業分析とは「企業の歴史を学び、企業の向かっている方向を見つけ出し、そこに自分の目指している姿が重なるか」を確かめるために行うものです。

そもそも企業がなぜ新卒を採用するかというところから考え直すと、企業が新卒を取る理由は「成長してもらい、中長期的に企業を支える人物になってほしい」と思っているからです。

では、中長期の計画と合わない学生を企業が採用しようと思うでしょうか?

おそらく採用はしないでしょう。

逆にいうと、企業の中長期の計画とマッチ度が高い学生は少し能力が足りなくても採用されることがあります。

このように企業分析とは「企業の向かっている方向、中長期的な視点」を分析し、そこに自分を照らし合わせて確認することなのです。

もし企業分析のやり方がわからない人は以下の記事がおすすめかもしれません。

企業研究のやり方を商社を用いてどこよりも詳しく解説します。【猿でもできる】 困ったさん 企業研究のやり方がわからない。 企業研究ってどこまでやれば終わり?何を目的にすればいい? 今回はこういった疑...

自己分析が浅い人

この理由で内定が取れていない人もよく見かけます。

そもそも自己分析とは何をする行為でしょうか?

自己分析とは、自分がどういうときにモチベーションを感じ、どういうことをするのが好きで、どういう人かを分析する行為です。

ではそもそも自己分析をする目的はなんでしょうか?

それは、自分が選んでいる御社と御社での職種が自分と合っていることを証明するためです。

少し単純ですが、今まで友達グループの中で中心となっていたことが多いというのがわかったら、自分には営業が向いているんだなというのが多少わかりますよね。

このように過去の自分の行動やモチベーションを分析し、自分にどういった職場や職種が合っているのかを確かめるために使うのが、この自己分析です。

これをわかっていない人が多いと僕は就活をやっていて感じました。

もし自己分析のやり方や終わりがわからない場合は以下の記事を参考にすることをおすすめします。

【結局何すればいいの?】自己分析のやり方を超詳しく解説します自己分析のやり方が分からないという人多いのではないでしょうか?この記事では自己分析のやり方をどこよりも詳しく紹介しています。この記事を読めば自己分析で何をすればいいのか・どうすればいいのかわかります。...

面接中にハキハキ喋らない人

少し根性論ですが、面接中にハキハキ喋らないから「不合格」という人を何人もみたことがあります。

確かに新卒に期待するのは「新しい風を吹かす」というのと、「元気をもたらす」だと言っている会社は一定数います。

また、面接という自分のことをアピールする場なのに、ハキハキ喋らないということはやる気がないとも捉えられます。

気持ちに訴えかけるものですが、「皆さんはハキハキ喋らない人と一緒に働きたいと思いますか?」という質問です。

これらのことを考えると、ハキハキ喋らないのはよくないことがわかりますね。

就活浪人はするべきか?

就活生

正直、就活浪人ってするべき?

結論を言うと、どうしても行きたい企業があって、そのために1年卒業を遅らす覚悟があるならするべきです。

逆に言うと、どうしても行きたい企業があるわけでもない、その企業に落ちてしまうことも考慮して1年卒業を遅らせる覚悟がない人は、就活浪人をするべきではないでしょう。

また金銭面も考慮する必要があります。

特に一人暮らしの人は一年間の家賃がプラスでかかってしまうことをしっかりと理解する必要があります。

そういったことを考えるとやはり、就活浪人はせずに22卒として内定をもらい、就活を辞めると言うのがベストな気はします。

とはいっても、どうしても行きたい企業があったり、就活浪人することによって発生するリスクを許容できる人は就活浪人をしても良いかもしれません。

まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

今回は22卒就活生で内定がない場合はどうすれば良いかを紹介しました。

復習すると、

就活エージェントを使う
採用をまだ行なっている企業をリストアップする
ベンチャーや中小企業にも応募する

をやるべきでしたね。

このブログでは他にもたくさんの就活に関する有益情報を無料で公開していますので、よかったらぜひ。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。