【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

文系学生の就職活動が辛いのは当たり前。その中でどうやって勝つか紹介します!

就活生

文系就活ってやっぱりつらいの?

文系就活生が有名企業に内定するには?

文系就活生が就活に勝つ方法を知りたい

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • 文系就活がつらい理由3つ
  • 文系就活生が就活に勝つためにするべきこと3つ

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

文系の就職がつらい理由3つとは?

まずは文系の就活がつらい理由を解説します。

具体的には以下の3つが文系就活がつらい理由です。

  1. 母数が多い
  2. 特別なスキルがあるわけでもない
  3. 理系の方が頭がいいというイメージがある

順を追って解説していきます。

文系就活生が有名企業から内定をもらうためにするべきことは、次の目次で書いているので、気になる人は下にスクロールをおすすめします。

母数が多い

文系の皆さんは気づいていると思いますが、文系の学生の数は理系の学生の数に比べて多いです。

文系と理系の比率・偏差値・大学|文系と理系の違い(考え方)によると、文系:理系は、7:3だと言うことです。

つまり、理系の人が入れる枠の2倍以上の倍率が単純計算であるということ。

例えば理系の人が50倍の倍率がある企業だとすると、文系の就活生では100倍以上の倍率があるんです。

就活の先生

2倍以上の差はめちゃめちゃ大きいね。

なので、母数の数で文系の就活生は理系就活生よりもつらい環境にいるということです。

特別なスキルがあるわけでもない

率直にいうと、文系就活生が学校で習っていることって社会に出ても使えないですよね。

例えば僕の場合は、マーケティングを学校で勉強していたのですが、正直全く役に立つとは思えません。

それに比べて理系の学生だと「学生時代は繊維の研究してました。この研究実績が御社の〇〇に活かせます」のように、学生時代の勉強が直接会社に入っても役立つことがあるでしょう。

採用側からすると、いくらポテンシャル採用とはいえど、大学であらかじめ研究してくれている人の方が採用したいと思いますよね。

これが文系就活生がつらい2つ目の理由です。

理系の方が頭がいいというイメージがある

これは実際はそんなことがないと思います。

ただ、現在50代の役員の人からすると「文系は理系に行けない人が行くところだ」というような偏見がある人もいます。

実際、ロジカルシンキング力が重要視されるコンサルティングファームで働いている人も理系の人が多い気がします。

なので、文系というだけで、

面接官

理系に行けなかった論理的思考力がない人間だ

と思われることがあるのが、文系就活生がつらい3つ目の理由です。

+α 学校で習っていることは社会に出たらこれっぽっちも関係ない

就活生の私が言っても信用がないかもしれませんが、社会に出たら学校で習っていたことなんて全く意味がないと言っても過言ではありません。

文系の皆さんの多くは営業職としてお仕事をスタートさせるでしょう。

学校のどんな勉強が営業職に行かせそうでしょうか?
おそらくゼミでのプレゼンテーションくらいではないでしょうか?

なので、学校で習ったことやバイトで学んだことをひけらかすよりも、

「私には積極的に学ぶ姿勢があって、こんだけ伸び代があります!」

というのを訴える方が良いですね!

【22卒が語る】就活の面接対策はいつから始める?スケジュールを理解し、対策しよう。就活の面接対策っていつから始めるのが良いのでしょうか?ネタバレになってしまいますが、今この瞬間からでも始めるべきです。今回の記事では、面接対策の方法や面接通過のコツも紹介しているのでもしよかったらぜひ。...

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は終了

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も対応中

dodaキャンパス→転職大手のdodaが展開する逆求人サイト。特徴はES添削や面接対策などが使えること。登録学生数が30万人を突破している。ES添削や面接対策をしたい人におすすめ。

文系就活生が就活で勝つには?

さて、ここまでは文系就活生がつらい理由を説明しました。

そこで終わってはただ「つらいことを嘆いている人」になってしまいますよね。

なので今から、「今からでも間に合う文系就活生が挑戦すべきこと3つ」を紹介します!

具体的には以下の3つになります。

  • ブログを始めよう
  • 投資を始めよう
  • プログラミングを始めよう

順を追って解説していきます!

※ヒントは賃金ではなく、自らお金を生み出す経験をするのが大事ということです。

ブログを始めよう

文系就活生におすすめの就活対策でするべきこと1つ目が、ブログです。

ブログは0からお金を生み出す経験をできるので、非常におすすめです。

また、プログラミング知識も付くので一石二鳥ですね。

そしてブログは「不労所得」になります。

僕も全くブログを動かしていない間にお金を稼いでもらうことができ、忙しい就活期間を金銭的に乗り越えることができました。

そして何より、「ガクチカ」として話せるというのがおすすめの理由の一つです。

僕はガクチカでブログの話をしていました。

非常にウケが良かったです。

ちなみに、ブログを始めるときにかかる費用としては以下の通りです。

ブログ開設に必要なもの
  • サーバー(月1,000円)
  • ドメイン(月100円程度)
  • WordPress(無料)
  • テーマ(無料、有料のものもあり)

なので、半年間ブログを更新するのに6,000円程度かかるということです。

高いと感じる人もいるかもしれませんが、半年で5万円程度稼げる人はたくさんいます。

もし実績を出して就活に勝ちたいと思う人は、半年だけでも良いので挑戦してみましょう!

もしブログを始める人は、conoha wingで始めることを強くおすすめします!

私もこのブログをconoha wingのサーバーで行っています。

conoha wingがおすすめの理由
  • WordPress導入までが簡単(プログラミング知識がない人だと、WordPressとサーバーを繋げるところが難しいと思います。conoha wingなら自動でやってくれます)
  • Youtubeで解説動画が多い(もし何かわからないことがあった場合は、Youtubeで解決できる)
  • 半年以上で契約するなら、価格が安い
  • スピードが速い
conoha wingをチェックしてみる

投資を始めよう!

こんなことをいうと、めちゃめちゃ怪しいですよね。

投資なんて「負ける」ものだと考えている人がたくさんいると思います。

そしてそれは「半分事実」だと思います。

しっかりと勉強をして投資を始めないと、負けます。

ヒビキ

僕も最初にとりあえず良さそうな株にお金を入れて、数千円程度失いました。

ただ逆に勉強をした上で投資をすることは「ギャンブル」でも何でもありません。

会社の業績を予想して、上がると思うなら株を買って待つだけ。

株価は業績に連動するので、上がるか下がるかのギャンブルではないんです。

また就活生に「投資」がおすすめな理由がもう一つあります。

それが決算書を読めるようになることです。

上場企業であれば、3ヶ月に一回、会社の成績表である「決算書」を公表します。

いくら売り上げがあって、営業利益はいくらあって、といったような情報が載っています。

これはmicrosoftの決算なので英語ですが、こんな感じで何がいくら儲かってて、何が成長しているのかがわかります。

その情報をしっかり読み解くことができれば、その企業がどの方向に向かっているのか理解できるようになります。

それはつまり

就活の先生

「御社の向かっている方向に自分自身が〇〇という強みを活かして貢献できる」

ということを面接で言えるようになるということです。

そしてそれは採用をする側からすると「確かにうちの会社は今この方向に向かっているから、この子を採用するのは的確だな」となります。

なので、決算を読めるようになることは非常に重要なのです。

ちなみに投資を始めるなら、DMM証券で始めることをおすすめします。

説明すると長くなるので、ここでは割愛しますが、国内最大級のDMMグループがやっているということで安心に運用できます。

+α プログラミングはすぐ稼げないけどおすすめ

みなさん嫌なほど聞いていると思いますが、プログラミングはめちゃめちゃおすすめです。

まず就活においてですが、エンジニア採用は別の採用ルートがあって、母数も少ないために倍率が低いです。

メルカリとかも新卒ではエンジニアしか採用してないなど、エンジニアは今の社会において非常に重宝されています。

そのため、エンジニアの方が給料が良いことなんてしょっちゅうあります。

なのでもし、時間とお金に余裕のある人はプログラミング学習を始めることをおすすめします。

ヒビキ

実は僕も今プログラミングを勉強しています。

意外と語学と同じような感覚で勉強できるので、語学が苦手はない人なら挑戦してみる価値ありです。

ちなみに僕は、TechAcademyをおすすめします。

✔️気になる人へ

TechAcademyは最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール。

実績もあり、運営元がキラメックス株式会社(親会社がユナイテッド株式会社)であるため、安心して受講できます。

プログラミング未経験の皆さんには何が何だかわからないとは思いますが、扱っている言語数が豊富なのも魅力です。

  • 過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した方
  • スキルを習得して、就職/転職を目指す方

に非常におすすめのオンラインプログラミングスクールです。

TechAcademy 無料体験

まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

今回は、文系就活生だからこそわかる「文系就活生の悩み、そしてそれをどう解決するか」を解説しました。

文系就活生はつらいですが何か自分で実績を残すことができれば、それだけで他の就活生よりも上に行くことができます。

この中で興味をもったものがあれば、ぜひやってみましょう!

【内定者】グループディスカッションのコツと進め方、評価ポイントを完全解説グループディスカッションで落ちてしまう、コツが知りたい。そんな人のためにグループディスカッションで聞かれるお題の種類から進め方・注意するべきポイントや評価されるポイントなどを解説しました。...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。