【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

ES

【22卒内定者が語る】ESのテンプレ使い回しのやり方とテンプレの作成方法を解説。

就活生
  • ESのテンプレの使い回しってどうやってやるの?
  • ESのテンプレはどうやって作るの?

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • ESのテンプレの使い回しはOKなのか
  • ESのテンプレの作成方法
  • ESのテンプレの使い回し方法
  • ESのテンプレを使い回すときの注意点

ESの使い回しをすると、ESの作成にかける時間を少なくすることができ、その時間を面接対策や企業研究に使うことができます。

ただし間違ったESのテンプレの使い回しをすると、ESの通過率を下げてしまうことになります。

なので今回は、ESのテンプレの使い回しについて解説していきます。

ESのテンプレの使い回しはありか?

早速ですが、ESのテンプレを使い回すのはありなのでしょうか?

先に結論を言うと、ESのテンプレの使い回しはありです。

理由は以下の2つです。

  • 自己PR・ガクチカは企業ごとに変える必要がないから
  • 企業ごとに変えると、何をどこで話したかわからなくなるから

一つずつ解説します。

自己PR・ガクチカは企業ごとに変える必要がないから

当たり前のことなんですが、自己PRとガクチカって企業ごとに変更する必要がないですよね。

IT系の企業を受ける時だって、金融系の企業を受ける時だって、自分の強みは変わらないですし、学生時代に頑張ったことは変わらないです。

なので、ガクチカと自己PRに関しては企業ごとに変える必要がないから、テンプレ化して使ってしまってOKです。

企業ごとに変えると、何をどこで話したかわからなくなるから

ただ、確かに企業によって求めている人材像が違うからその人材に合わせる形で、自己PRとガクチカを書いている人もいるでしょう。

その方法を取る場合、たくさんの企業を同時に受けると「どこでどの話したっけ?」となってしまう恐れがあります。

自分が話した内容がわからなくなるリスクを犯すくらいだったら、どこでも同じ自己PRとガクチカを話しておいた方が僕はいいと思います。

※自分の性格を偽って入ると入社後に辛い目に遭いますし、適性検査でかなりの精度で性格がわかるようなので、しっかり正直に答えるようにしましょう。

追記:僕が実際にESのテンプレを使い回して大丈夫だったから

こちらは追記なのですが、僕が22卒の就活生として実際にESのテンプレを使い回ししたのですが、全く問題なくESを通過することができました。

なので、この観点からもESのテンプレの使い回しは問題ないと思います。

志望動機の使い回しはNG

ここまでずっと「ガクチカと自己PR」と言ってきたのには理由があります。

それは、志望動機の使い回しはNGであるからです。

志望動機はその企業を志望する理由なので、その企業にしか当てはまることを書かなくてはいけません。

そのため、志望動機の使い回しをしていると、ESの通過率を大きく落とすことにつながってしまいます。

なので志望動機の使い回しはしないようにしましょう。

もし志望動機の書き方に悩んでいる人がいたら、以下の記事がおすすめです。

【簡単】22卒就活生が実際に使って8割以上通過した志望動機の書き方を教えます。志望動機の書き方がわからないという人多いですよね。僕も就活生の時は志望動機は思いつかないし、思いついても良い書き方がわからないと感じていました。なので今回は、志望動機の書き方の解説します。...

ESのテンプレの作成方法を解説

ここからは肝心なESのテンプレ作成方法の紹介です。

特に難しいステップを踏む必要はありません。

やるべきことは以下の2つです。

  1. 自己PRとガクチカのベースを考える
  2. 400字と600字の自己PRとガクチカを作成する

順番に解説します。

ステップ1:自己PRとガクチカのベースを考える

自己PRとガクチカのテンプレを作成するにあたって、まずはベースを作る必要があります。

自己PR→ガクチカの順でベースの作成方法を解説します。

自己PRの作り方と考え方

自己PRは自分の一番の強みをもとに、それをバックアップするエピソードを付け加える形で作っていきます。

自己PRの考え方

なので、まずは自分の一番の強みを見つけることから始めましょう。

自分の強みを見つけるための方法が「自己分析」です。

自己分析のやり方がわからない人は以下の記事で自己分析のやり方を理解して、実行しましょう。

【就活生必見】おすすめの自己分析テスト4つをまとめました。活用方法も解説。自己分析テストを使って自己分析するのはめちゃめちゃ有能です。自己分析テストは自己分析を手伝うためにあるものといっても過言ではないでしょう。今回はおすすめの自己分析テスト4つと自己分析テストを使った自己分析方法を紹介します。...

自己分析ができて、自分の強みがわかったら、その強みが発揮されたエピソードを考えましょう。

自己PRの文章の中で使うのは基本的に一つですが、面接などでは「他にもエピソードある?」と聞かれることがあるので、3つくらいエピソードを用意しておきましょう。

自分の強みとそれを支えるエピソードができたら、自己PRを書く土台は完成です。

ガクチカの作り方・考え方

ガクチカを作るのにあたって必要なのは、ガクチカのエピソードとそれを論理的に分解した図です。

ガクチカのエピソードに関しては、皆さんが本当に学生時代に一番頑張ったことで良いです。

Hibiki

たまに「勉強はガクチカに書かない方がいい」とか言う人がいますが、勉強を頑張ったなら勉強をガクチカに書いて大丈夫です。

2つ目の「ガクチカを論理的に分解した図とは何?」と思う人もいるでしょう。

具体的には以下のようなイメージのものです。

ガクチカの考え方

ガクチカのコンセプトは「理想と現実に乖離があるから、その乖離を埋めるために原因分析をして、その原因に対して適切な施策を打った。だから理想を達成できた」というものです。

なので、皆さんが頑張ったガクチカの中で皆さんが「どういった理想」を立てて、「どういった原因」があって、「どういった施策」を打ったのか考えてみましょう。

先に少しだけコツを説明すると、原因も施策も何個も作って、その中で最もクリティカルなものを選ぶのがコツです。

ステップ2:400字と600字の自己PRとガクチカを作成する

自己PRとガクチカのベースができたら、次は実際にESの執筆に入ります。

自己PRもガクチカも先ほどの考え方ができていればESの執筆自体は難しくないでしょう。

ただ、実際にどんな書き方をするのが良いのかわからない人もいると思うので、以下に該当記事を貼っておきます。

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の書き方を9つのステップで徹底解説。【ESはもう怖くない】ガクチカの書き方がわからない人のためにこの記事では9つのステップに分けてガクチカの書き方を解説しています。この記事を見れば通過率の高いガクチカを書けるようになるので、必ずチェックです。...
【就活】自己PRの書き方を6つのステップで徹底解説。【僕はこれで通過できた】自己PRの書き方は以下の6つのステップに分けることができます。①:自分の強みを簡潔に言う、②:それを象徴するエピソードの概要を簡単に言う、③:課題の背景の説明、④:課題に対して取った施策とそのなかで活きた強みを説明、⑤:施策の結果、⑥:その強みを会社でどのように活かすか。詳しく解説しています。...

400字と600字のテンプレを作る理由は最近の主流だからです。

多くの企業では400字のESの設問が聞かれます。

なので、400字は絶対に必須のテンプレです。

ただ近年は就活生全体のレベルアップが進んでいるため、600字の設問も多く見受けられます。

なので、600字のテンプレも用意しておくことがベターです。

上記でテンプレの作成は完了です。

お疲れ様でした。

ESのテンプレの使い回し方法を解説します

ここからはESのテンプレを作成した後に、どのようにそれを使い回していくのかを解説します。

基本的にはESの記入欄にテンプレを丸々コピペで構いません。

ただ、一点だけ気をつけて欲しいポイントがあります。

それが、質問の内容によって少し変更が必要なところです。

例えばガクチカの質問で、「あなたが学生時代に頑張ったことなんですか?なぜ始めようと思ったのかを含めて400字以内で記述してください」という質問があったとします。

この場合、元々のテンプレに「なぜ始めたのか」という内容を入れていない人はコピペするだけではダメです。

その場合は、テンプレの内容を変更し、「なぜそのガクチカを始めたのか」という内容を追記する必要があります。

このようにテンプレの使い回しでは完璧な対応ができない時には、臨機応変に対応する必要があります。

とはいっても、基本的にはコピペでOKです。

ESのテンプレを使い回すときに気をつけること4つとは?

最後にESのテンプレを使い回すときに皆さんに気をつけて欲しいことを解説します。

具体的には以下の4つの点に気をつけて欲しいです。

  • テンプレの質が悪いと落ち続ける
  • ちゃんとESの質問を読んで回答する
  • 志望動機の使い回しはしない
  • 自己分析で自己PRが変わった場合にはしっかりテンプレも変更する

順番に紹介します。

テンプレの質が悪いと落ち続ける

テンプレを使う際に最も恐るべきことは、テンプレの質が悪く、ESに落ち続けてしまうことです。

これを防ぐべく、テンプレを作成した際には信頼できる先輩や友達に添削をしてもらいましょう。

もし信頼できる先輩や友達がいない場合は、就活エージェントに頼んでみることもありです。

就活エージェントは皆さんが内定を承諾すると、金額が発生するビジネスモデルのため、内定まで皆さんを本気で助けてくれます。

実際に僕が就活生の時も、就活エージェントを二社利用して、ESの添削をしてもらっていました。

ただ、就活エージェントの中には学生のことを商材のように扱う企業もあるので気をつけましょう。

もし就活エージェントについて詳しく知らない人は以下の2つの就活エージェントを使って、ESの添削をお願いすることをおすすめします。

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。

キャリアチケット→就活生にも大人気の人材系企業レバレジーズ株式会社が運営する就活エージェント。1万人以上の就活生にアドバイスをしてきたコンサルタントが圧倒的な質のサービスを完全無料で提供。最短2週間で「内定」までいけるのはキャリアチケットのみ。

ちゃんとESの質問を読んで回答する

ちゃんとESの質問を読まないで、テンプレを適当にコピペして対応していると、ESに落ちる可能性を高めてしまいます。

質問ではどんな内容が聞かれているのか確認し、テンプレに変更が必要な場合は変更を加える。

単純なことですが、忘れずに毎回行うようにしましょう。

志望動機の使い回しはしない

先ほども少し触れましたが、志望動機の使い回しは絶対にしないようにしましょう。

志望動機はそれぞれの企業にしか通用しないものを作るべきなので、使い回しは言語道断です。

志望動機を毎回作るのがめんどくさいと感じる人も多いと思います。

そういった人は以下の記事を参考に志望動機を作成することをオススメします。

【簡単】22卒就活生が実際に使って8割以上通過した志望動機の書き方を教えます。志望動機の書き方がわからないという人多いですよね。僕も就活生の時は志望動機は思いつかないし、思いついても良い書き方がわからないと感じていました。なので今回は、志望動機の書き方の解説します。...

自己分析で自己PRが変わった場合にはしっかりテンプレも変更する

テンプレを作成した時期から時間が経って、自己分析の結果が変わっている場合もあると思います。

その時はテンプレの変更を忘れないようしましょう。

※自己分析の結果が変わることは当然です。なので、結果が変わること自体に問題はありません。

まとめ

ここまで記事を読んでくださって、ありがとうございます。

今回はESのテンプレの使い回しについての解説をしました。

このサイトでは他にも就活関連の有益情報を完全無料で発信しているので、気になる人は以下の記事からチェックしてみましょう。

就活完全対策ロードマップ | 内定までの全てを解説します。 このページでは就活の0から100まで全て紹介して行きます。 限りなく全てを網羅的にまとめましたので、これから就活を迎える人や今就...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。