【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活の軸

業界を絞って就活するのはあり?業界を絞って就活をした僕が解説します。

困ったさん

業界を絞って就活するのってありなの?

業界を絞って就活することによるメリットが知りたい

今回はこういった疑問に答えていきます。

✔️この記事を読むとわかること

  • 業界を絞って就活するのがありか
  • 業界を絞って就活をすることのメリット
  • 業界を絞らずに就活をすることのメリット
  • 22卒就活生の僕が思う正解

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...

業界を絞って就活するのはありか

結論を言うと、業界を絞って就活をするのは「あり」だと思います。

ただ、これはケースバイケースだとも思います。

まず、就活生を大きく2つのグループに分けたいと思います。

  1. いきたい業界が決まっている就活生
  2. いきたい業界が決まっていない就活生

皆さんはどっちのグループですか?

少しでも迷いがある人は②のグループである可能性が高いです。

①のいきたい業界が決まっている就活生に関しては、業界を絞って就活をすることをおすすめします。

僕は業界を絞って就活していたのでわかるのですが、行きたい業界がある人はその業界以外から内定をもらっても行かないと思います。

事実、僕はいくつもりがなかった業界の企業の最終面接を一個も受けませんでした。

②の人は、絶対に業界を絞らず就活することをおすすめします。

業界を絞って就活をすることは、後ほど説明しますが結構危ないので。

業界を絞って就活をすることのメリットとは?

早速ですが、業界を絞って就活をすることのメリットは以下の3つです。

  • 企業研究に時間を使える
  • その業界の知見が増えるため、面接などで説得力が生まれる
  • 時間効率が良い

順を追って説明していきますね。

企業研究に時間を使える

みなさんは面接を受ける前、ESを書く前に企業研究をしていますか?

しっかりと企業研究をしている人もいるとは思いますが、していない人が非常に多く見受けられます。

僕は一つの企業に最低1時間は企業研究の時間を割いていました。

※目安としては面接を受ける就活生の中でトップ10%くらいその企業のことを知っているというのを目標にやっていました。

まず、企業研究のゴールですが、

「自分の目指している姿と会社の目指している姿を重ねて、自分がその御社に入るのが自分の目標への最短距離であり、会社にとっても利益である」

ということを証明することです。

業界を絞って就活をすると、この企業研究に使う時間を増やすことができます。

企業研究は面接で説得力のある志望動機を言うためには絶対に必要です。

企業研究=面接突破に必須の知識なので、企業研究に多くの時間を割けるようになるというのは大きなメリットです。

その業界の知見が増えるため、面接などで説得力が生まれる

企業研究をしていると、その業界の問題や魅力などに気づくと思います。

それを面接で話すことができれば、他の就活生よりも圧倒的に抜きん出ることができ、内定をもらうことができるでしょう。

僕の例を出すと、IT業界一本で就活していました。

なので、「IT業界のいいところ・悪いところ、将来の可能性、どういう人材が働いているのか」

など全て語ることができるようになっていました。

ここまで語れるようになれば、面接官も「この就活生は本気でこの業界に入りたいんだ」と感じてくれるようになるでしょう。

時間効率が良い

当たり前ですが、複数業界を受けているよりも、業界を絞って選考を受けていく方が時間効率がいいですよね。

僕は時間がない就活生だったので、その点も考慮しつつ就活をしていました。

※就活中のアルバイトをしなくてはいけない人、いると思います。

そういう人は業界を絞って就活をすると時間がない中でも効率よく就活をすることができるかもしれません。

単純計算で、業界を絞って就活をする人は複数業界を受ける人の数分の1の時間で就活ができます。

効率よく就活をしたい人には以下の記事がおすすめかもしれません。

就活したくないし、働きたくない。簡単に内定とって働いてみるのはいかが? 困ったさん 就活したくないし、働きたくない。どうすればいい? 困ったさん 就活を簡単に終わらせたい。どうやって簡単に内定が取れ...

業界を絞らずに就活をするメリットとは?

さて、逆に業界を絞らずに就活をする場合のメリットについても解説します。

業界を絞らないメリットの方がメリットだと感じる場合は、業界を絞らないで就活するほうがいいかもしれません。

業界を絞らないで就活をすることのメリットは以下の2つです。

  • 手持ちカードがなくなる心配がない
  • 新たな出会いにオープンでいられる

こちらも順を追って説明します。

手持ちカードがなくなる心配がない

業界を絞らないで就活をすることの最大のメリットです。

僕は業界を絞って就活をしていたのですが、1番のストレスの原因が、まだ受けていない企業(手持ちカード)が少なくなっていくことでした。

スプレッドシートで受けている企業を管理していて、落ちた企業を赤く塗っていたのですが、「赤」でシートが埋まっていくのが辛かったです。

ただそれは業界を絞らず就活する人には関係ありません。

受けることができる企業は山のようにありますからね。

脅しでもないのですが、手持ちカードが減っていく感覚はなんとも言えません。

どこからも内定がもらえなくなるという恐怖を感じたくない人は業界を絞らずに就活をすると良いかもしれません。

新たな出会いにオープンでいられる

業界を絞らずに就活をすると、興味がなかった業界の新しい魅力に気づくことができたり、新しい適性が見えたりします。

就活生ってどうしても狭い世界しか見えないので、新しい価値観や魅力に触れることはかなり重要です。

僕はIT業界一本できたのですが、もっと別の業界を見ても良いと就活を終えてから思いました。

皆さんには僕と同じ後悔はしてほしくないです。

さまざまな業界に触れ、多様な価値観に触れることは自分が本当に何をしたいのかというのを気づかせてくれるきっかけにもなります。

22卒就活生の僕が思う「業界を絞って就活はありか」への正解

最後に僕が業界を絞って就活をすることへの自分の見解を載せておきます。

最初にも少し書きましたが、行きたい業界があるならその業界に絞って就活、絶対に行きたい業界がないなら業界は絞らずに就活が正解です。

ただ、ここで絶対に行きたい業界が決まっている人に忠告したいです。

それは本当にその業界の全てをわかっていて志望していますか?

就活生がゲットできる情報なんて表面的な情報だけです。

なのでOBOG訪問などをして、実際にその業界に働いている人から情報を得るようにしましょう。

僕の場合の話ですが、僕は最初は「副業がしやすい」業界ということでIT業界を志望していました。

その中でOBOG訪問などをしていく中で、IT業界の雰囲気、仕事内容に自分のフィット感を感じることができました。

なので、IT業界だけを志望して就活をしていくことに決めたんですね。

できれば皆さんにもこれぐらいの行動を起こした後に業界を絞ってもらえると後悔がないと思います!

結論:ほとんどの人は業界を絞らずに就活をしよう

業界を選ぶ行為は中学で部活を選ぶ行為に近いです。

中学で部活を選ぶときにもともとサッカーをやっていた人以外は、サッカー部に入るか、テニス部に入るか、バスケ部に入るか迷いますよね。

ここでいうもともとサッカーをやっていた人というのが、もともと志望業界を決めている人です。

皆さんが部活を決めるときに絞り込まず、さまざまな部活を見たように、就活においても絞り込まずにさまざまな業界を見ることは大事です。

このサイトでは他にも就活関連の有益情報を完全無料で公開しているのでもしよかったらぜひ。

就活完全対策ロードマップ | 内定までの全てを解説します。 このページでは就活の0から100まで全て紹介して行きます。 限りなく全てを網羅的にまとめましたので、これから就活を迎える人や今就...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。