【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活の軸

企業選びの軸に社風を入れるのはありですが、ハイリスクローリターンです。

就活生

企業選びの軸に社風を入れるのはあり?

企業選びの軸に社風を入れたいのに説得力がない…

そもそも企業選びの軸はどうやって決める?

みなさんはこういった疑問を持っていませんか?

今回は、こういった疑問に答えていきます。

✔️この記事を読むとわかること

  • 企業選びの軸に社風を入れるのはありか
  • 企業選びの軸に社風を入れるためにするべきこと
  • 企業選びの軸の決め方

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

企業選びの軸に社風を入れるのはありか

そもそも企業選びの軸に、社風を入れるのはありでしょうか。

結論を言うと、ありですが、控えるべきかと思います。

なぜなら、社風を外部の人が感じ取るのは難しいからです。

まず前提として、企業選びの軸に社風を入れること自体は問題ありません。

しかしながら、企業選びの軸に社風を入れることは「ハイリスクでローリターン」なことかと思います。

と言うのも、社風について発言したときに、

面接官

弊社にはそういった社風は感じないけどなぁ

と言われてしまった瞬間、何も言い返すことができないからです。

社風について詳しいのはもちろんそこで働いている面接官で、就活生ではありません。

なので、社風を企業選びの軸に入れるのはおすすめしませんが、「ありかなし」で言ったら、ありです。

✔️ちなみに僕は社風を軸に入れていなかったです。

企業選びの軸に社風を入れるためにするべきこと

今、社風を軸に入れるべきではないとの話をしましたが、それでも社風を軸に入れたい人もいると思います。

そういった人のために、社風が自分とマッチしていることを説得力があるように話す方法を紹介します。

具体的には以下の3つを行いましょう。

  • OBOG訪問をする
  • インターンができるならインターンをする
  • 自己分析をする

順を追って解説していきます。

OBOG訪問をする

社風を感じ取るためには、その会社で実際に働いている人とコミュニケーションを取るしかないですよね。

その会社を外から見ただけで社風を感じ取ることはできません。

感じ取れるのは上辺だけの社風でしょう。

なので、OBOG訪問をして、たくさんの社員さんと話して、そして社風を感じ取りましょう。

就活生

周りにOBOGがいないんだけど…

という人もいると思います。

そういった人におすすめなのが、Matcherというサービスです。

誰でも簡単にOBOG訪問ができるようになっているサービスなので、気になる人はチェックしてみても良いかもしれません。

インターンができるならインターンをする

みなさんもご存知だと思いますが、社風を感じるのに1番の近道は実際に働いてみることです。

百聞は一見に如かずというものに近いかもしれません。

なので、インターンができるならその会社でインターンをしてみましょう。

それは長期のインターンでなくても大丈夫です。

サマーインターンやウィンターインターンでも参加することによって、ある程度の社風は感じ取れるでしょう。

✔️僕は長期インターンを複数社行いました。

それによって、自分にあっている企業の雰囲気がなんとなく掴めたので、そういった意味でも長期インターンはおすすめかもしれません。

就活生

インターンの探し方がわからないんだけど…

という人もいるかもしれません。

そういった人はまず、「One Career」と「unistyle」をチェックしてみると良いかもしれません。

One Career→難関大学出身の就活生使用率No.1の就活サイト。ここでしか載っていない選考情報あり。先輩たちが書いたESや面接で聞かれた質問が書いてある「選考体験レポート」がかなりやばいです。(さらに詳しく知りたい人はこちら

unistyle→10,000枚以上のESが読み放題の就活サイト。ESに苦戦している人は絶対に登録するべき。LINEのオープンチャットがあり、就活に関する情報を最速でキャッチできる。LINEのオープンチャットのためにも登録しても良いくらい。(さらに詳しく知りたい人はこちら

自己分析をする

社風と自分がマッチしていることをアピールするには、社風の理解はもちろんのこと、自分の理解をしっかりできていないといけません。

そのために自己分析が必要になります。

「自己分析をしましょう」という言葉を言うと、

就活生

自己分析をしているんだけど、どこまで自己分析すればいいかわからない…

という質問を受けます。

そういった人のために、以下に簡単に3ステップでできる自己分析方法を紹介しておきます。

自己分析を始めていない人はもちろん、自己分析をもうやっているけどいまいち終わりがわからない人にもおすすめです。

【結局何すればいいの?】自己分析のやり方を超詳しく解説します自己分析のやり方が分からないという人多いのではないでしょうか?この記事では自己分析のやり方をどこよりも詳しく紹介しています。この記事を読めば自己分析で何をすればいいのか・どうすればいいのかわかります。...

企業選びの軸の決め方を紹介します

最後に企業選びの軸の決め方を説明します。

具体的には以下の3ステップで進めていくと、納得のいく企業選びの軸が完成します。

  1. 譲れない価値観を洗い出す
  2. 魅力的な業界がなぜ魅力的なのか洗い出す
  3. それぞれで洗い出したもので共通するものが軸になる

ここで説明するとものすごく長くなってしまうので、もし気になる人は以下の記事を見ると良いかと思います。

就活の軸の決め方を徹底解説。【本音から作ることで後悔がない軸へ。】 困ったくん 就活の軸の決め方が知りたい。 そもそも就活の軸にはどんな要素を入れるべきなの? 今回はこういった疑問に答えて...

まとめ

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。

企業選びの軸に社風を入れるのはリスキーなことだと思うので、控えることをお勧めしますが、最終的な判断は皆さんにお任せします。

このサイトでは他にも就活関連の有益な情報をたくさん公開しているので、もしよかったらぜひ。

この記事をご覧の方は、以下の記事がおすすめかもしれません。

就活完全対策ロードマップ | 内定までの全てを解説します。 このページでは就活の0から100まで全て紹介して行きます。 限りなく全てを網羅的にまとめましたので、これから就活を迎える人や今就...

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。