【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活の軸

企業選びの基準はどうやって決める?本音と建前を使って決めましょう。

  • 企業選びの基準はどうやって作ったらいい?
  • 企業選びに関して作るべき基準は何?
  • そもそも企業を調べるのはどうするのがいいの?

皆さんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

もしそうならば、この記事は皆さんにぴったりの記事です。

なぜなら、今からこれらの疑問について回答していくからです。

✔️この記事を読むとわかること

  • 企業選びの基準の作り方
  • 企業選びに関して持つべき基準
  • 企業を効率よく調べる方法

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

企業選びの基準の作り方を解説します

早速ですが、企業選びの基準をつくり方を説明していきます。

具体的には以下の4つの観点で、企業選びの基準を作成することがおすすめです。

  • 社風
  • 福利厚生
  • スキルアップできるか
  • 職種

順を追って解説していきます。

社風

就活生が入社後に後悔する理由のトップが、社風とのミスマッチです。

なので、自分と似た社風がある会社に入社することは、入社後の皆さんの幸せにとって非常に重要なのです。

具体的な基準の作り方ですが、「どんな人と一緒に働きたいのか」というのを軸にして考えていきましょう。

僕の場合は、「本気で何かに打ち込める人」と働きたいと思っていたので、それを軸にしていました。

なかなか思いつかない人は、周りの友達でどんな人がいるか考えてみましょう。

おそらく、友達と同じような性格の人がたくさん働いている職場では、皆さんは楽しく働けるでしょう。

就活生

社風と人って同じなの?

と思って人もいるでしょう。

人が集まることによって、そこに社風が生まれる。

なので、人と社風は基本的には一緒です。

福利厚生

福利厚生や給与も非常に重要です。

就活の多くは、今バイトで稼いでいる金額よりも多くもらえるから、給与などに注視をしていないと思います。

ただ、給与はめちゃめちゃ大事で、生涯年収で考えると「絶対的」な差が生まれるんです。

他の就活サイトでは言われることはないと思うので、就活生と同じ立場に立っている僕だから言います。

実は、中小企業と大企業に就職するのでは、生涯に稼ぐお金が1億円も違うんです。

この事実を知っているとの知らないのでは、ファーストキャリアへの考え方が大きく変わると思います。

なので、具体的に「自分がどれくらい稼ぎたいのか、どんな福利厚生がある会社がいいのか」という基準を持つようにしましょう。

スキルアップできるか

皆さんはVUCAという言葉を聞いたことがありますか?

VUCAとは先の見えない時代ということで、私たちはその世代に生きています。

このVUCAの時代に生きる人には、スキルというものが非常に重要になってきます。

もし気を悪くする人がいたら申し訳ないのですが、スーパーのレジ打ちって10年後もいると思いますか?

多分答えは、「いない」ですよね。

もしかしたら5年後にはいなくなっているかもしれません。

それはなぜかというと、ロボットやAIにとって変わられてしまう職業だからです。

なので、スキルがしっかりとつけられる会社に行くことを強くおすすめします。

気になる人のために、今後10年で消える会社のランキングが書いてある記事を載せておきます。

職種

皆さんは職種という軸で、企業を選んでいますか?

日本では総合職採用ということで、職種を入社次に決めずに採用をする場合が多いですよね。

とは言っても、最近では「ジョブ型」採用という、職種ごとの採用も当たり前になりつつあります。

僕も「ジョブ型採用」の企業に内定をもらっています。

なぜ僕が皆さんに職種を見て欲しいかと言いますと、今後生き残れるのはスペシャリストのような存在だからです。

中途採用のマーケットはどんどん大きくなり、流動性が増しています。

それは、人材の入れ替わりが激しいということを意味します。

そんな中で、経理をやったり、営業をやったりしている器用貧乏な人と、特定の領域に特化したスペシャリストだったら、どっち方が需要が高いですかね?

おそらくスペシャリストですよね。

なので、みなさんには職種という企業選びの基準を持って欲しいです。

企業選びに関して持つべき基準3つとは?

ここからは、企業選びに関して持つべき基準を3つ紹介します。

これは先ほどと違い、本音の基準という印象が強いです。

何を言っているのか訳わからないという人もいると思いますが、大丈夫です。

今から丁寧に解説します。

以下が、皆さんが持つべき本音ベースでの企業選びの軸になります。

  • 自分が絶対に許せないものは何か
  • 自分が一緒に働きたくない人はどんな人か
  • 将来何をしたいのか

順を追って解説していきます。

自分が絶対に許せないものは何か

まずは皆さんが絶対に許せないものを排除しておきましょう。

もし仮に、その会社の99%が好きだったとしても、絶対に許せないものがあると、その会社にいるのがしんどくなります。

例えば、女性では管理職になれないとか、LGBTQの人への対応が全くできていないなどがあります。

僕の場合は、個人の実績によらず、一律で年次に応じて給与が上がるというシステムが絶対に許せませんでした。

なので、そういったシステムを持っている会社は一切受けませんでした。

皆さんの中にも、絶対に許せないものってあると思います。

それを洗い出してみましょう。

自分が一緒に働きたくない人はどんな人か

先程の基準では、「一緒に働きたい人」の話をしました。

それは、面接などで話すべき基準だからです。

ただ、それと同時にみなさんが絶対に一緒に働きたくない人もいると思います。

例えば、全然やる気がない人、嘘をつく人などです。

皆さんが一緒に働きたくないと感じる人が多い会社に勤めてしまった場合、皆さんはストレスに押し潰されるでしょう。

そうなる前に、入社前から「一緒に働きたくない人」を洗い出しておくことで、その懸念を回避することができますよ。

将来何をしたいのか

本音ベースで、将来何を自分がしたいのか考えることも大事です。

会社というのはあくまでも働く場所で、そこが皆さんの全てではないですよね。

なので、自分が本当になりたい姿を想像しましょう。

そして、その姿が希望している企業で叶えられそうかというのを考えるのがおすすめです。

ちなみに僕の場合は、遊んで暮らしたいと思っているので、それが叶えられそうな会社がいいなと思っていました。

自己分析が必須

みなさん、この記事を読んでいる中で気づいたと思いますが、自己分析が必須なんですよね。

自己分析をしていないと、自分が将来どんな姿になりたいのかわからないですし、どんな人が嫌いなのかもわからないです。

なので、自己分析をしていない人は絶対にすることをおすすめします。

また、自己分析をもう常にしている人でも、以下の記事が参考になると思います。

【就活生必見】おすすめの自己分析テスト4つをまとめました。活用方法も解説。自己分析テストを使って自己分析するのはめちゃめちゃ有能です。自己分析テストは自己分析を手伝うためにあるものといっても過言ではないでしょう。今回はおすすめの自己分析テスト4つと自己分析テストを使った自己分析方法を紹介します。...

企業を効率よく調べる方法を紹介します

最後に企業を効率よく調べる方法を解説します。

企業選びの基準を設定できても、企業を調べる方法がわからなければ、意味がありません。

具体的には、以下の3つの方法が僕が実践して良かったと思う方法です。

  • 就活サイトで見つける
  • Youtubeで合同説明会をみる
  • 新聞を読む

順を追って解説していきます。

就活サイトで見つける

まずは定番の就活サイトで、新卒採用をしている企業を見つける方法です。

ここでのポイントは「使うサイトによって得られる企業群」が全く違うということです。

みなさんはマイナビやリクナビなどの就活サービスはもう常に登録してあると思います。

では、「ワンキャリア」や「unistyle」といった就活サイトは登録しているでしょうか?

おそらく、登録していない人がたくさんいると思います。

上記の2つの就活サイトは、ワンランク上の企業を目指す就活生に人気のサイトで、ワンランク上の企業が見られるだけではなく、過去に選考を受けた先輩が書いた選考体験レポートを読むことができます。

非常に便利なので、チェックしてみる価値はあるかもしれません。

まとめると、マイナビやリクナビだけではなく、ワンキャリアunistyleなどの新しい就活サイトも使いながら、企業を調べるべしということです。

Youtubeで合同説明会をみる

合同説明会ってどうしても幕張メッセとか東京駅の近くとか、大きな会場に行かないといけませんよね。

それってすごいめんどくさいじゃないですか。

なので、Youtubeでオンライン合同説明会をみようというのが、2つ目の方法です。

これをおすすめする理由は、オンラインで短い時間で多くの企業を知れるからです。

こちらもワンキャリアで申し訳ないのですが、ワンキャリアには「スーパーライブ」というものがあります。

これは、オンラインでラジオ感覚で様々な企業の情報を知ることができるイベントです。

このようなイベントがYoutubeで配信されているので、オンライン合同説明会を有効活用して、たくさんの企業を効率的に知りましょう。

※こちらはワンキャリアに登録していないと見れないものとなっています。

新聞を読む

新聞にはたくさんの企業の情報が載っています。

なので、企業を知りたい時には経済新聞を読むのがめちゃめちゃおすすめです。

毎朝5分チェックするだけでも、様々な企業の名前をインプットすることができるでしょう。

ちなみに僕のおすすめは、日本経済新聞です。

まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

企業選びの基準はなかなか定めるのが難しいかもしれませんが、1日で定める必要はありません。

毎日じっくり考えることで、本当に腹落ちするものが考えられると思います。

このサイトでは、他にも就活関連の有益情報を完全無料で公開しています。

この記事を読んでいる方には以下の記事がおすすめかもしれません。

Offerboxの評判はどうなの?オファボを使っていた就活生が回答します。 困ったくん Offerboxの評判やおすすめポイントを知りたい! 困ったさん Offerboxがどんな人におすすめなの? ...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。