広告 面接

【就活】「面接で頭が真っ白」になった時の対処法と対策を紹介

 
 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

この記事を読めば、「面接で頭が真っ白になる理由と対処法」が分かります。

この記事を読むとわかること

  • 面接で頭が真っ白になる原因
  • 面接で頭が真っ白になった時の対処法
  • 面接で頭が真っ白にならないようにするための対策
  • 面接を通過するためのコツ
 

それでは早速解説していきます。

面接で頭が真っ白になる原因

まずは、面接で頭が真っ白になってしまう原因から見ていきましょう。

原因を理解することで、対応策への理解度も上がりますからね。

頭が真っ白になる原因は以下の2つです。

  • 過度な緊張や不安
  • 練習不足による自信のなさ
 

順番に説明します。

原因① 過度な緊張や不安

普段はあまり緊張しない人でもいざ面接となると、緊張しますよね。

普段緊張する人であれば、面接ではさらに緊張して、ロボットのようになってしまうこともあるでしょう。

過度な緊張や不安は、人間の自然な思考や行動を制限します。

 

その結果、普段とは違う自分が出てきてしまい、焦って、頭が真っ白になるということです。

普段なら簡単に答えられる質問が頭が真っ白になることで答えられなくなってしまうんですね。

原因② 練習不足による自信のなさ

面接では自分のベストな状態を出したいと思っている人がほとんどでしょう。

ただ、面接の対策に時間を割ける人が全員というわけではないですよね。

 

その結果、面接の対策をしないで面接に挑み、「完璧にやらなきゃいけないのに全然ダメだ」という気持ちから焦りが生じるのです。

そしてそれが、パニックを引き起こし、頭が真っ白になるということです。

 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

確かに私も頭が真っ白になった時は練習不足だけど、絶対受かりたい面接でした。

焦り→頭が真っ白になるというのが共通点ですね。

頭が真っ白になるのはマイナス評価点

当たり前ですが、頭が真っ白になるのはプラスの評価点ではありません。

むしろ、マイナス評価でしょう。

なので、できるだけ面接では頭が真っ白になってしまっているのを見せないようにしましょう。

面接で頭が真っ白になった時の対処法

面接で緊張のあまり、頭が真っ白になってしまうこともあると思います。

そういった時にはどのような対応を取るのが良いのでしょうか?

具体的には以下の3つの対応を取ることで、通常通りの面接をできる可能性が高くなります。

  1. 面接官に「緊張して頭が真っ白になっている」のを伝える
  2. 深呼吸する
  3. 面接官が言ったことを繰り返す
 

順を追って解説していきます。

① 面接官に「緊張して頭が真っ白になっている」のを伝える

先ほど少し触れましたが、頭が真っ白になるときはおそらく、緊張している時でしょう。

緊張して頭が真っ白になった時には緊張して頭が真っ白になっていることを周囲に知らせるのがおすすめです。

 
 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

逆に自分が緊張していることを伝えることで、緊張していることを知られたくないという重りが落ちて、楽になります。

私も面接を通じて何回か緊張することがありましたが、毎回面接官に「ちょっと緊張しています」と伝えるようにしていました。

 

これをすることで気持ちがだいぶ和らぎますよ。

② 深呼吸する

緊張している時には深呼吸をするのが大事です。

深呼吸をすると脈拍を安定させることができ、落ち着いた状態に戻ることができます。

 

とはいっても面接の途中で突然深呼吸をし始めたら変な人だと思われますよね。

なので、「ちょっと緊張しているので深呼吸をしても大丈夫ですか?」と聞いてみるようにしましょう。

 

緊張を和らげる深呼吸の方法は専門家の記事をどうぞ。

③ 面接官が言ったことを繰り返す

緊張して頭が真っ白になった時に起きるのが、面接官が何を聞いているのかわからなくなることですよね。

 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

私も緊張のあまり、面接官が何を聞いているのかわからなかった事がありました。

そこでおすすめなのが、面接官の質問を繰り返す方法です。

 

これをすることで自分の口で聞かれた質問をいうことになるので、質問が理解しやすくなります。

例えば「あなたの人生の中で最も重要なエピソードを教えてください」と言われた時には、

  そもそも「面接で頭が真っ白」にならないための対策

そもそも「面接で頭が真っ白」にならないように対策をするのが良いです。

ではその対策はどのようにできるのでしょうか?

具体的には以下の4つを意識することで、面接で頭が真っ白になる確率が低くなります。

  1. 選考の準備をする
  2. 適当に受ける
  3. 喋ることを決めておく
  4. ゆっくり喋る
 

順を追って解説していきます。

① 選考の準備をする

面接で緊張しないための方法の一つが、「緊張しなくなるくらいまで準備をする」です。

しっかりと準備をして挑む面接ならば、緊張する可能性は低いでしょう。

 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

私の実体験としては、「あまり準備をしなかったのにも関わらず、受かりたいと思っている会社の面接」が、一番緊張した思い出があります。

面接の準備方法

 

模擬面接のやり方を徹底解説します。【私は30回以上やりました】

         模擬面接がおすすめって聞いたんだけど、具体的にどうやって模擬面接をすればいいの? みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?        長文になってしまい申し訳ないです ...

 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

模擬面接は面接の通過率を上げるために一番手っ取り早い方法です。騙されたと思ってチェックしてもらえると嬉しいです。

② 適当に受ける

絶対に成功しなきゃと思う時ほど緊張するのが、人間です。

逆にどうでもいいやと思っているときは緊張しないことも多いでしょう。

 
 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

例えば、どうでもいいと思っている合唱コンクールの本番は緊張しないですよね?

緊張するのは「うまくやらなきゃ」と思うからなんです。

人間の性質を利用しよう

その人間の性質をとって、適当に面接を受けるというのも緊張しないための対策の一つです。

もちろん適当に面接を受けたら落ちてしまう可能性が高いので、面接はしっかり受けるべきです。

 

ただ「面接に落ちてもいいや」というメンタリティーで面接を受けることで、緊張する可能性が低くなります。

③ 喋ることを決めておく

あらかじめ「緊張した時にはこれについて話す」と決めておくことで緊張を和らげることができます。

面接で緊張する理由の一つが「自分が話していることがわからなくなる」です。

 

そして、それが更なる緊張をもたらして、頭が真っ白になります。

なので最初から自分が話すことを決めておくことで、緊張を防ぎましょう。

④ゆっくり喋る

実はゆっくりしゃべると、緊張しづらくなります。

そしてゆっくり喋ると自信があるように感じるようになります。

 -スクリーンショット-2022-10-25-14.59.38.png"/>
      

なので、頭が真っ白になりそうだったら、ゆっくり喋ることをおすすめします。

私も緊張しそうな時は、なるべくゆっくり喋るようにしています。

緊張して頭が真っ白になる前にゆっくり喋ることをおすすめします。

面接の通過率を上げたい人へ

【22卒内定者】就活の面接のコツを選考ステップごとに解説します

 

まとめ

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

緊張のあまり頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、この記事を読み直して、自分ができることをやってみると良いかもしれません。

この記事を読んでいる方には以下の記事がおすすめです。

【厳選】23卒内定者が教える登録するべき就活サイト10選

私は23卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定をもらい、就職活動を終えました。 就職活動自体は半年ほど行なったのですが、その中で自分が愛用していたサイトやサービスを今回はまとめていき ...

Avatar photo

小田楓

マーチ生だった楓です。月間1万人以上が訪れる「就活生だからこそ言えること」を伝えるサイト、就活備忘録.comを運営しています。22卒/長期インターン2社→ITベンチャーにて人事

人気の記事

Fラン 逆求人 1

Fラン生こと逆求人使って欲しいんですが、話題の逆求人サイトってスカウトが来るって聞いたんだけど、なんか怪しいんだよな。 みたいな事を思ってる人も多いのでこういった疑問を解決します。 この記事を読むとわ ...

2

私は23卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定をもらい、就職活動を終えました。 就職活動自体は半年ほど行なったのですが、その中で自分が愛用していたサイトやサービスを今回はまとめていき ...

-面接
-