【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

【結局何すればいいの?】自己分析のやり方を超詳しく解説します

就活生
  • 自己分析はいつから始めればいい?
  • そもそも自己分析の目的ってなんだっけ?
  • 自己分析はどうやってやればいい?

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • 自己分析の目的
  • 自己分析を始めるタイミング
  • 超具体的な自己分析のやり方
  • 自己分析をサポートしてくれる自己分析ツール

自己分析って結局どうやってやればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか?

この記事を読めば自己分析のやり方と自己分析をどこまでやれば良いかわかるようになることを保証します。

それでは早速解説していきます。

執筆者の紹介

自己分析のやり方を今すぐにでも知りたい人は以下のボタンから該当場所までジャンプすることをおすすめします。

自己分析の目的とは?

自己分析の目的とは?

自己分析の目的をしっかりと理解して自己分析をしている就活生は少ない印象を受けます。

おそらく多くの方はネットの記事や就活サイトに「自己分析をしよう」と書いてあったから自己分析をしている人ではないでしょうか?

そういった人はまず「自己分析の目的」を理解するところから始めましょう。

就活における自己分析の目的は主に以下の3つです。

  • 自分の中での優先順位を明確化するため
  • 自分のことを言葉でうまく伝えるようにするため
  • 意思決定の判断軸にするため

順番に解説します。

自分の中での優先順位を明確化するため

就活生である皆さんは何万とある企業の中から自分にあっている企業を探し出す必要があります。

その場合、闇雲に自分にあっている企業を探し始めるのではなく、自分の中での優先順位を決めてから探し始めるのが良いですよね。

イメージとしては、検索機能の絞り込みと同じような感じです。

自分の中で譲れない要素や優先したい要素を洗い出して、それに当てはまる企業を探していきましょう。

Hibiki

僕の場合は「ワークライフバランス」と「給与」が優先度の高い要素でした。

なのでそれが実現できる企業だけを受けていました。

自分のことを言葉でうまく伝えるようにするため

質問なのですが、面接の通過率が高い人とはどんな人だと思いますか?

結論を言うと、自分のことを言葉でしっかりと伝えられる人です。

なぜなら、面接は自分のことを面接官に売り込むセールスの場だからです。

そんな面接の場で面接官に「採用したい」と思わせるには、自分のセールスポイントを言葉でしっかりと説明できるようになっている必要があります。

就活生の多くは自己分析を「企業選びの軸」を作るために行っていますが、自分のセールスポイントを知るのにも自己分析は役立ちます。

✔️企業選びの軸の作り方について知りたい人は以下の記事がおすすめです。

就活の軸の決め方を徹底解説。【本音から作ることで後悔がない軸へ。】 困ったくん 就活の軸の決め方が知りたい。 そもそも就活の軸にはどんな要素を入れるべきなの? 今回はこういった疑問に答えて...

意思決定の判断軸にするため

こちらは内定を取った後の話です。

皆さんはおそらく複数社から内定をもらうでしょう。

そうなったときにどの企業に行くのか決めるときに自分の中で「軸」を持っておくことが重要です。

軸を持っておくと、正しい判断がしやすいです。

もし仮にその判断が間違っていたとしても軸に沿って判断した場合、後悔が少ないのも理由の一つ。

内定ブルーにならないためにも、自己分析をして内定先を選ぶ軸を作りましょう。

自己分析はいつから始めるべき?

自己分析はいつから始めるべき?

さて、自己分析の目的がわかりました。

では自己分析はいつから始めるのが良いのでしょうか?

結論としては就活を始めたときに自己分析も始めるのがベストです。

なぜなら、自己分析をする時間が長ければ長いほど、自分の理解度が上がっていくからです。

例えば自己分析を1週間だけやった人と1ヶ月やった人ではどちらの方が自己理解が深いでしょうか?

答えは1ヶ月自己分析をやった人だと思います。

このように自己分析は長い時間をかけてゆっくりとやっていくのがおすすめです。

ちなみに僕は定期的に自己分析を就活が終えるまで続けていました。

自己分析のやり方を超詳しく解説します

ここからは自己分析のやり方を超詳しく解説します。

具体的には以下の手順に分けて解説していきます。

  • 自己分析において導き出すべき項目
  • その項目を導き出すために必要な自己分析方法

自己分析には終わりがないと悩む就活生がいると思いますが、自己分析にて導き出すべき内容はある程度決まっています。

なのでその内容を導き出すことができれば、内定を取るための自己分析は終了で良いのです。

早速紹介します。

自己分析で導き出すべき項目5つ

まず、自己分析において導き出すべき項目について説明していきます。

自己分析にて導き出すべき項目は以下の5つになります。

  1. 自分がモチベーション高く頑張れる環境
  2. 自分の強み
  3. 自分の弱み
  4. 自分の得意なこと
  5. 企業に求めること

この5つの項目を洗い出すことができれば、内定を取るための自己分析は終わりで大丈夫です。

なので今から、この5つの項目を洗い出すための方法を紹介します。

自分がモチベーション高く頑張れる環境を洗い出す方法

まずは自分がモチベーション高く頑張れる環境を洗い出す方法の紹介です。

自分がモチベーション高く頑張れた環境とは、おそらく皆さんが何かに頑張って熱中できた環境だと思います。

なので、まずは過去に熱中して頑張れたことを思い出しましょう。

それは部活でも課外活動でもゲームでもなんでも大丈夫です。

過去に熱中して頑張れたことが思い浮かんだら、それをひたすら「なぜ?」で深ぼっていきます。

画面を占領しますが、以下が僕の深掘りの結果です。

深掘りの結果、僕はみんなで同じ方向に向かって努力をできる環境でモチベーションを発揮して頑張れることがわかりました。

今回は短縮版で3回しか深掘りをしていないですが、本来は5回以上「なぜ?」という深掘りをすることをおすすめします。

ちなみにモチベーション高く働ける環境を導き出す理由としては、モチベーションが高い環境では成果を出しやすいからです。

自分の強みを洗い出す方法

ここからは自分の強みの洗い出し方を紹介します。

自分の強みを洗い出す方法としておすすめなのが、過去に自分が活躍したエピソードをいくつか用意して、そこで自分がどのように活躍したか考える方法です。

今回も僕の例を使っていきます。

以下が僕が過去に活躍した事例です。

  • ゲームで全国ベスト16位になった時
  • ゼミで発表をするとき
  • 留学先で研究の発表をするとき

ではこれらの事例でなぜ僕が活躍できたのでしょうか?

以下が僕が考える活躍できた理由です。

  • ゲームで全国ベスト16位になった時
    →チームのリーダーとしてチームを引っ張れたから
  • ゼミで発表をするとき
    →チームのリーダーとしてチームを引っ張れたから
  • 留学先で研究の発表をするとき
    →チームのリーダーとしてチームを引っ張れたから

この結果、僕はチームリーダーとしてチームを引っ張れるときに活躍しやすいことがわかりました。

なので、僕の強みは「リーダーシップ」と言えるでしょう。

皆さんも僕と同じように過去に活躍した経験をもとに、なぜ活躍できたのか洗い出してみましょう。

自分の弱みを洗い出す方法

自分の弱みを洗い出したい場合はどうすればいいのでしょうか?

答えは過去に失敗したエピソードにて、なぜ失敗したのか考える方法です。

また今回も僕の例を出して解説します。

僕は過去に以下の事例にて失敗を犯しました。

  • 留学先の選定
  • ゼミ選び

それではなぜ、この2つの事例にて失敗を犯してしまったのか考えてみます。

  • 留学先の選定
    →しっかり調べずに直感で選んでしまった
  • ゼミ選び
    →しっかり検討せずに評判で選んでしまった

この2つの事例から僕は「直感やなんとなくの感覚で物事を決めてしまいがち」という弱みがあることがわかります。

実際にこれは僕の弱みにあっていると思います。

皆さんも同じように弱みの洗い出しを行っていきましょう。

自分の得意なことを洗い出す方法

自分の得意なことを洗い出す方法

ついに後半に入りました。

4つ目の洗い出すべき項目が自分の得意なことです。

自分の得意なことを洗い出す方法としておすすめなのが、自分ができるのに他人ができなくてイラッとした経験を洗い出す方法です。

今回も僕の例を使って紹介します。

  • マルチタスクができない人にイラッとした
  • 言われたことができない人にイラッとした

この経験から僕が得意なことは以下の2つであるということがわかります。

  • 同時に幾つかのことをこなす
  • 言われたことをしっかり行う

皆さんも自分が得意なことが何か考えてみましょう。

企業に求めること

企業に求めることがわかると、企業選びの軸が決まり、あなたにあった企業がわかるようになります。

企業に求めることを洗い出す方法としておすすめなのが、気になる求人広告の共通点を見つける方法です。

ワンキャリアunistyleなどの就活サイトを見て、気になる求人をチェックします。

その後にその求人にはどんな共通点があるのか確かめます。

そこで出てきた共通点があなたが会社に求めることになります。

僕の場合は「ワークライフバランス」と「給与」でした。

さらに詳しく就活の作り方について知りたい場合は以下の記事がおすすめです。

就活の軸の決め方を徹底解説。【本音から作ることで後悔がない軸へ。】 困ったくん 就活の軸の決め方が知りたい。 そもそも就活の軸にはどんな要素を入れるべきなの? 今回はこういった疑問に答えて...

自己分析をサポートするツールを紹介

自己分析をサポートするツールを紹介

自己分析は自分で自分のことを分析して終わりでは、完璧ではありません。

自己分析の他に、他己分析をして完璧な自己分析ができたと言えるでしょう。

他己分析とは、他人が客観的視点からあなたのことを分析することを言います。

他己分析は友達などに頼むのがいいですが、なかなか友達に頼めない人も多いと思います。

そういった人におすすめなのが以下の2つです。

  • 自己分析テスト
  • 就活エージェント

順番に解説します。

自己分析テスト

自己分析テストは他己分析にめちゃめちゃ有効な方法です。

他己分析においてもやはり分析する人の主観が入ってしまいがちです。

しかしながら自己分析テストはコンピューターが分析するため、主観的要素が入り込むことはありません。

またいつでもどこでも検査結果がわかるのも自己分析テストの強みでしょう。

就活生

おすすめの自己分析テストはある?

僕が実際に使って本当にやばいと思った自己分析テストが以下の2つです。

  • Offerbox
  • キミスカ

ここで紹介すると長くなってしまうので、さらに深く知りたい人は以下をチェックすることをおすすめします。

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

就活エージェント

就活エージェントも他己分析をするのに使えます。

就活エージェントとは、就活生が内定を取るためのサポートをしてくれるエージェントで、面接対策やES添削、他己分析などを無料でしてくれます。

就活エージェントがおすすめな理由としてもう一つが、就活のプロがあなたのことを分析してくれる点です。

友達に他己分析をしてもらうのも十分効果的なのですが、やはり就活のプロに他己分析してもらうのには及びません。

なので、就活エージェントを使っての他己分析もおすすめしています。

もし就活エージェント何を使ったらいいのかわからないという人は以下の就活エージェントは当サイトおすすめなので、チェックしてみてください。

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。

キャリアチケット→就活生にも大人気の人材系企業レバレジーズ株式会社が運営する就活エージェント。1万人以上の就活生にアドバイスをしてきたコンサルタントが圧倒的な質のサービスを完全無料で提供。最短2週間で「内定」までいけるのはキャリアチケットのみ。

まとめ

ここまで記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

今回は超具体的に自己分析の方法を紹介しました。

自己分析は就活の根幹であり、絶対に外せないことです。

自己分析は毎日少しずつでも進めていきましょう。

このサイトでは、他にも就活系の情報を無料でたくさん掲載しているのでぜひ!

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。