おすすめ就活サービス

JOB TV(ジョブTV)の評判はどうなの?【実際の体験を交えて解説します】

就活生

最近、Youtubeとかで「JOB TV」という動画で選考サービスを見たけど、これって正直どうなの?

みなさんはこういった不安や疑問をお持ちではないでしょうか?

Hibiki

長文で申し訳ないですが、この記事を読めば「自分がJOB TVを使うべきなのか」わかります。

この記事を読むとわかること

  • JOB TVとは
  • JOB TVの特徴
  • JOB TVを実際に使ってみた感想
  • JOB TVの評判
  • JOB TVの登録方法

それでは早速解説していきます。

この記事の執筆者、Hibikiとは?
  • 就活備忘録.comの管理人
  • 22卒の就活生(某有名ITベンチャー内定)
  • 当サイトは月に10,000人以上の就活生が閲覧

JOB TVとは

JOB TVとは株式会社ベクトルの100%子会社である株式会社Starbankが運営している就活サービスです。

特徴① 大手企業や有名企業の会社説明会動画を無料で見放題

JOB TVには大手企業や有名企業がたくさん登録しています。

上記はJOB TVを開いた時の画面です。

見てわかる通り、電通や東洋経済新報社、楽天などの大手有名企業が登録しています。

ちょっとスクロールしてみると、外資IT大手のAmazonやIT大手のmixi、GA Technologyなども登録しています。

Hibiki

スシローも新卒採用しているんですね!

試しにAmazonをクリックしてみると、上記のように企業説明動画が再生されました。

動画には、ショート動画フル動画があり、時間がない就活生が簡単にショート動画を見て、企業について知れるようになっています。

Hibiki

ショート動画を見て、気になったらフル動画を見るという流れが時間効率が良く、おすすめだね!

②自己PR動画とプロフィール入力だけで企業に簡単応募

JOB TVでは自分のプロフィールを入力後、自己PR動画を投稿するだけで簡単に応募できます。

まずは、「プロフィールを編集」にて、自己紹介動画や自己PR動画、特技の動画を撮影します。

撮影するのがめんどくさいかもしれませんが、一度撮影すると、ずっとその動画を使い続けられるので、めんどくさがらずにやることをおすすめします。

そして、自己紹介動画を登録後、企業ごとに選考に応募します。

これで、エントリー完了です。

自己紹介動画を登録してさえすれば、企業へのエントリーは1秒で出来るようになります。

なので、圧倒的に効率よく就活できるようになりますね。

③自己PRを見た企業から直接オファーが届く

自己PR動画を投稿すると、企業から直接オファーが届くようになります。

これはOfferboxキミスカなどの逆求人サイトと同じシステムですね。

JOB TVに登録している企業は大手企業や優良企業が非常に多いため、必然的にオファーが届く企業も大手企業や優良企業ばかりになります。

視野が広がる

こういった逆求人の仕組みがあるサイトを使うと、視野が広がります。

というのも「自分が合うと思っていなかった企業や業界」に興味を引かれることがあるからです。

Hibiki

例えば、僕の場合は広告業界に全く興味がなかったのですが、Offerboxにてオファーをもらったのでチェックしてみたところ、自分の求めている条件が広告業界でも満たされると知ることができました。

このように、自分が思ってもいなかった企業や業界に興味を持てるようになるのも、JOB TVのメリットです。

JOB TVを使った感想

僕がJOB TVを使ってみた感想を率直に紹介します。

エントリーが簡単

まず、第一に思ったことがエントリーが簡単で、大量に企業にエントリーができるなと思ったことです。

最初に自己紹介動画を撮影して、登録する必要こそはあるものの、それさえすれば大量のエントリーを一瞬で出来ます。

就活はある種、時間との戦いみたいなところはあるので、興味が多少あるかな〜っていうところに時間をかけないで選考に応募できるのは最高ですね。

Hibiki

僕が就活をしているときに使いたかった。。。

業界について知れる

JOB TVに登録している企業は業界の有名企業や大手企業が非常に多いです。

そして、有名企業や大手企業はその業界のリーディング企業であることが多いです。

なので、そういった企業の紹介動画を見ることで、その業界が向かっている方向やその業界の全容について深く知ることができます。

例えば、電通の紹介動画を見れば、広告業界がどういった方向に向かっているのか、広告業界はどういったビジネスモデルで回っているのかなどがわかります。

Hibiki

企業研究の部分となりますが、業界のリーディング企業を研究して、業界がどの方向に向かっているか知ることは、自分のキャリアにとって重要となりますので、ぜひリーディング企業について深く理解しておきましょう。

>>企業研究のやり方を知りたい人はこちらで解説しています。

自己紹介動画が全て

基本的にはエントリーするときにはあらかじめ登録してある自己紹介動画だけが必要です。

逆にいうと、自己紹介動画が評価の全てになるということです。

自己紹介動画をうまく撮れている人は選考に通る可能性が高くなりますし、自己紹介動画が微妙な人は選考に通る可能性が低くなります。

Hibiki

ハキハキ喋るのが得意な人はJOB TVに向いているね。

これで全ては完結しない

JOB TVは良くも悪くも、まだ新しいサービスで、登録している企業はそこまで多くありません。

なので、JOB TVだけで就活の全てを完結するのは難しいです。

他の就活サイトと併用がおすすめ

ということで、他の就活サイトとJOB TVを併用するのがおすすめです。

例えば、JOB TVとOfferboxキミスカなどを併用することで、オファーを最大限もらうことができます。

そもそもマイナビやリクナビ、ワンキャリアなどの大手サイトを使っても、その就活サイトだけで就活を完結するのは難しいです。

なので、就活サイトに関してはできるだけ多くの就活サイトを使うことをおすすめします。
>> 22卒就活生の僕が内定のために使った就活サイトを紹介します。

JOB TVは使うべき

ということで、僕の中での結論はJOB TVは使うべきだと思っています。

なぜなら、

  • 一度自己紹介動画を登録してしまえば、あとはエントリーが簡単にできるから
  • メリットの方がデメリットよりも多いから
  • 新しいサービスで、競争相手が少なく、通過率が高くなりやすいから

です。

就活は時間の有効活用が非常に大事なので、その点を鑑みると、JOB TVは時間対効果が高いとも感じます。

JOB TVの評判を紹介

ここからはJOB TVの評判を紹介します。

まずは良い評判からです。

良い評判①:無料で企業動画見放題

就活版Netflix、いいですね。

確かにNetflixを意識したようなカラーですよね。

特に合同説明会とは違って、動画を見るというスタイルなので、スーツに着替える必要はないですし、自分が見たいときに見れる点がいいですね。

良い評判②:自分を出せる

確かに、動画で自分をアピールするのと、文面で自分をアピールするのでは、全然違いますよね。

動画の方が、その人の「雰囲気や力強さ」などを感じることができます。

当たり前ですが、自分を出すのが上手な人はJOB TVの方が一般的なESよりも通過率が高くなるでしょう。

悪い評判①:めんどくさい

JOB TVのために自己紹介動画を取るのがめんどくさいという声がいくつかありました。

確かに動画を撮るのは結構めんどくさいですよね。

特に動画だと、ESと違ってミスをしたときに、最初からやり直しになるのがめんどくさいとの意見が多数ありました。

良い評判の方が多かった

Twitterで評判をみたところ、結論良い評判の方が多かったです。

とはいえ、動画を撮るのがめんどくさいというのも一定数ありました。

なので、内定を取るために動画を撮るのが構わないという人はJOB TVを使ってみると良いかもしれません。

JOB TVの登録方法

JOB TVの登録方法を紹介します。

ステップ①:JOB TVへアクセスする

まずはJOB TVにアクセスしましょう。

公式HP:https://jobtv.jp/

ステップ②:会員情報を入力していく

まずは、会員登録ボタンを押して、会員情報を入力していきます。

全ての情報を入力して送信すると、以下のようなメールが届きます。

そのメールに書いてある認証コードを入力すると、登録完了です。

Hibiki

3分で登録は終わりました!

JOB TVはおすすめです

ということで、ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

JOB TVは登録に値するサービスかと思います。

ただ、動画を撮るのが苦手だったり、自己表現が苦手な人は従来のESでの選考の方がいいかもしれません。

就活サイトを探している人は以下の記事をチェックすることをおすすめします。

【厳選】22卒内定者が教える登録するべき就活サイト10選就活生がおすすめする就活サイトを知りたくないですか?今回は22卒内定者の僕がおすすめする就活サービスを紹介しています。無料のものばかりなので、マストチェックです。...
ABOUT ME
Hibiki
月間1万人以上が訪れる「就活生だからこそ言えること」を伝えるサイト、就活備忘録.comを運営しています。22卒/長期インターン2社→ITベンチャー。
おすすめ記事