【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

【就活生が語る】就活の効率の良い企業の見つけ方教えちゃいます。自分に合った企業を探そう。

困ったさん

就活で効率よく企業を探す方法を知りたい…。
自分に合った企業ってどうやって見つけるの?

今回はこんな疑問を解消していきます。

この記事を読むとわかること
  • 就活における企業の見つけ方がわかります
  • 自分に合った企業の見つけ方がわかります

この記事を執筆している私は、

  • 22卒の就活生で、有名ITベンチャー内定
  • 学生ながら採用に携わった経験あり

となっています。

それでは早速解説していきます。

この記事は3分で読み終わります

就活は「情報戦」です。
就活を始めたばかりの人や、情報が少しでも足りてないと感じる人はマストでチェックです!

就活のスピードをブーストしましょう。

就活における企業の見つけ方とは?

就活における企業の見つけ方にはどんなものがあるでしょうか?

先輩に聞いてみる方法や学校に来るチラシを見てみるなどの方法もあります。

しかし、私のおすすめは「ナビサイト」を見ることです。

理由は、他のどの方法よりも時間ごとに知れる情報量が多いからです。

先輩や学校から得られる情報は1時間あたり10件あたりが限界かと思いますが、ナビサイトだと1時間に1000件を余裕で見れます。

困ったさん

ナビサイトがいいのは知ってるんだけど、どのナビサイトがいいの?

答えは、以下の4つです。

企業を見つけるのに最適なナビサイト
  • OneCareer
  • unistyle
  • リクナビ
  • マイナビ

OneCareer

OneCareerは就活生の登録がマストなサービスです。

「ワンランク上の就活生向け」ということで言わずと知れた企業がたくさん掲載されていますし、HPも非常に使いやすいです。

また、先輩たちが使って選考を通過した「過去ES」と「過去に聞かれた質問」が無料で全て見放題ということも非常に魅力的。

これはあんまり知られていませんが、ワンキャリア内に掲載されている記事は有名マーケッタートイアンナさんが書いているものだったりと、正直めちゃめちゃ有益です。

完全無料で全てのコンテンツ、企業へのエントリーができるので絶対に登録するべきサイトの一つです。

ヒビキ

正直、就活で1番お世話になったと言っても過言ではありません。

unistyle

unistyleも就活生御用達のサイトです。

unistyleは企業の掲載や就活の有益情報を提供するのと同時に、LINEのオープンチャット機能を使って就活コミュニティーを展開しています。

LINEという普段から使うアプリで就活の情報収集ができるというのは大きな魅力ですね。

毎日意識せずとも就活情報に触れることができるというのは、圧倒的なメリットでしょう。

また、One Careerと同じく先輩たちの「過去ESと過去に聞かれた質問が見れる」というのも大きな特徴です。

掲載している企業も有名企業ばかりで、しかも「他のサイトでは掲載がないインターンの情報」などがあります。

こちらも就活生なら登録マストなサイトの一つです。

リクナビ

就活生で知らない人がいないレベルで有名なのがリクナビ。

掲載企業数がトップレベルで、運営元もリクルートという就活生人気企業。

リクナビには、リクナビしか掲載がない企業の情報があるので就活生は絶対に登録するべきです。

ただ、正直なことを言うと、もしみなさんがハイランクな企業を目指しているなら使う必要がないサイトかもしれません。

リクナビは確かに企業掲載数が圧倒的で、登録するべきサイトですが、従業員数10名程度の中小企業も含まれています。

つまり、みなさんが興味ない企業の掲載数も多いため、無駄な時間を過ごしてしまう可能性があるということです。

もしみなさんがハイランクな企業を目指しているなら、One Careerやunistyleをまず登録することをおすすめします。

マイナビ

マイナビも就活生の皆さんなら絶対に知っているサイトでしょう。

就活生の大多数が登録しており、圧倒的な企業掲載数を誇ります。

企業掲載だけでなく、就活に関する情報や面接の攻略法なども配信しているのが特徴です。

マイナビにも「マイナビにしかない」インターンシップや企業情報があったりするので、絶対登録するべきです。

また、3月1日の就活解禁日にはまとめてエントリーすることができる機能があるなど、便利な機能がたくさんあります。

迷ったら、登録しましょう!

自分に合った企業を探す方法とは?

ここまでは「企業」の探し方を紹介しました。

ここからは「みなさんに合った企業」の探し方を紹介します。

その前に…
みなさんは「自分がどのような人間なのか」知っていますか?

厳しいことを言いますが、自分のことを理解していないと自分に合っている企業は絶対にわかりません。

もしまだ自己分析が足りてなく、自分がどんな人かわからない人は今すぐ自己分析をしましょう。

企業探しにも就活の面接にも、人生においても役に立つので自己分析は絶対にすることをおすすめします。

ヒビキ

僕は就活を終えていますが、いまだに自己分析はしています。

自分のことを深く知ることで、自分の人生を豊かにすることができると考えているからです。

【結局何すればいいの?】自己分析のやり方を超詳しく解説します自己分析のやり方が分からないという人多いのではないでしょうか?この記事では自己分析のやり方をどこよりも詳しく紹介しています。この記事を読めば自己分析で何をすればいいのか・どうすればいいのかわかります。...

話を戻して、具体的な「みなさんに合った企業の探し方」は以下の3つとなっています。

自分に合った企業の探し方
  • 就活エージェントを使う
  • 四季報を使う
  • OBOG訪問をする

就活エージェントを使う

就活エージェントというと、

困ったさん

めんどくさいな、面談とかするの嫌だし…

って人が多いと思いますが、実際には就活エージェントは使うべきです。

まず、就活エージェントのビジネスモデル上、みなさんことを理解する必要があります。

というのも就活エージェントはみなさんのことを企業に送り出し、みなさんが内定承諾をした際に金銭が発生します。

つまり、みなさんが内定を承諾するまでは金銭は発生しないのです。

言い換えると、みなさんのことを誰よりも理解して、みなさんが行きたいと思える企業を提示する必要があるのが、就活エージェントなのです。

なので、自分に合った企業を知るために就活エージェントを使う方法は、最適な方法の一つなのです。

ヒビキ

僕も自分にとって最適な企業を知りたい理由で、就活エージェントを使ったことがあります。

思ってもいないような企業が自分に合うことがわかって良い機会でした。

困ったさん

就活エージェントがいいのはわかったんだけど、就活エージェントって一方通行っていうか。

企業をたくさん紹介されるだけされて困ったんだよね…。

そんな人にも安心してもらえるのが、「JobSpring」という就活エージェントサービスです。

JobSpring

本当に自分のことを考えて対応してくれるキャリアカウンセラーと将来を決めたい…

そんな人におすすめなのが、JobSpringです。

一般的なキャリアカウンセラーはたくさんの学生にたくさんの求人を送るのに対し、JobSpringは少ない学生に本当にあった3~4件の求人を送ります。

つまり「狭く深く」就活をサポートしてくれるということです。

また他己分析や面接対策なども無料でしてくれます!

まだまだ知名度が高くないサービスですが、その分「濃い」対応をしてくれると思います。

ヒビキ

実は僕はキャリアカウンセラーを使ったことがあるんだけど、とりあえず企業の求人を送りまくってくる人とか普通にいたから、JobSpringのように本当にあった3~4件しか送らないサービスはいいね!

無料で使えるので、自身の考えを壁打ちするのにも使っても良いでしょう!

登録するなら今だと思います。

✔️JobSpringにインタビューしました

皆さんにおすすめするのに自分が使わないのは私のポリシーではないので実際にJobSpringにインタビューしました。

就活エージェントを使う前に少し不安な人は以下の記事を読むことをおすすめします。

【評判】就活エージェントサービス「JobSpring」についてインタビューしました! こんにちは、ヒビキです。 みなさんは就活エージェントサービスを使ったことはありますでしょうか?コロナウイルスの影響でオンライン化...

四季報を使う

みなさんは「四季報」という本を知っていますか?

四季報はそれぞれの業界の特徴やその業界に位置する企業の情報を教えてくれます。

例えば、商社は〇〇な業界で、業界内の企業のランキングは△△です。

みたいな感じです。

もちろん本なのでお金はかかってしまうのですが、自分の知らない企業を知れたり、自分の知らない業界の特色を知れるのでめちゃめちゃおすすめです。

OBOG訪問をする

みなさんはOBOG訪問をしていますか?

実はOBOG訪問は自分に合っている企業を知るためにはぴったりの方法なのです。

説明会などに行っても上部だけの薄っぺらい情報しか得られません。だから、自分に合った企業がわからないのです。

逆にOBOG訪問では、先輩はざっくばらんに会社の良いところや悪いところを話してくれるでしょう。

なので、自分が本当にその会社に合っているのか知ることができます。

これは他の方法では得ることができない情報なので、もし可能であれば志望している企業、全ての企業でOBOG訪問をすることをおすすめします。

まとめ

今回は、就活における企業の探し方を紹介しました。

企業は星の数ほどあって、全ての企業に目を通すことは不可能です。

なので時間の許す限り、効率的に企業のことを知ることで、たくさんの企業を知ることができます。

ぜひ今回紹介した方法を使ってみてください。

このブログでは他にも就活関連の有益な情報を発信しているので、もしよかったらぜひ!

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。