【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

就活の面接でアルバイトについて聞かれたときの上手い返答方法を解説!そもそもなぜ聞かれる?

困ったさん

面接で「アルバイト」について聞かれるけど、どうやって話せばいいのかわからない…。そもそもアルバイトのことを聞く意図ってなに?

今回は、こんな疑問に答えていきます。

この記事を読むとわかること
  • 面接でアルバイトを話すことは問題ないです
  • 面接でアルバイトのことを聞かれる意図がわかります
  • アルバイトについての理想の話し方がわかります
  • アルバイト実績がない人が、今すぐするべきことがわかります

この記事を執筆している僕は、

  • 22卒就活生で有名ITベンチャーに早期内定
  • 学生ながら採用に携わった経験あり

それでは早速解説していきます!

この記事は3分で読み終わります

就活は「情報戦」です。
就活を始めたばかりの人や、情報が少しでも足りてないと感じる人はマストでチェックです!

就活のスピードをブーストしましょう。

そもそも面接でアルバイトのことを聞く意図とは?

そもそも企業が学生のアルバイト経験を聞いてくる理由ってなんなのでしょうか?

具体的には以下の2つが理由です。

面接でアルバイトのことを聞く理由
  • 人柄を知りたい
  • 継続力があるか知りたい

人柄を知りたい

新卒採用がポテンシャル採用である以上、能力よりも人柄やフィーリングが新卒採用においては重要視されます。

その人柄を見るのにもってこいなのがアルバイトの経験なのです。

  • どんなアルバイトをした(どんなことに興味がある?)
  • そのアルバイトで何を学んだ(学びをどのように活かせそうか)
  • そもそもそのアルバイトを始めたきっかけ(どういうきっかけで動く人なのか)
  • アルバイトでしんどいときにどうやって乗り越えた(仕事でしんどい時に乗り越えられるか)

このように、アルバイトのことを聞くだけでもたくさんの人柄に関する情報を得ることができます。

ちなみに、これはアルバイトだけでなく、ゼミやインターンでも同じです。

アルバイトについて棚卸しする時には、上記の観点から棚卸ししても良いかもしれません。

継続力があるか知りたい

新卒というほぼ能力がないところから成長し続けるには、継続力が大切です。

どんなことでもずっと続けられる能力、これを持っている人はずっと成長し続けます。

そのためどんな企業でも継続力のある人間を求めています。

また企業としては長く勤めてくれる人を求めてます。
すぐやめられてしまっては育成費だけがかかってしまい、企業としては「損」になってしまいますからね。

継続力があるかどうかはどうやって測ってるの?

長く勤めてくれるかどうかは、アルバイトの経験の長さからある程度測ることができます。

なので、企業はみなさんのアルバイトの経験を聞き出すのです。

ヒビキ

僕はアルバイトを長く続けたことがなかったので、ここは苦労しました。

後半で「アルバイト経験があまりない人が今すぐにするべきこと」を解説しているので、ぜひ。

面接でアルバイトのことを話すときのコツとは?

面接でアルバイトのことを聞く理由はわかりましたよね。

それでは、面接でアルバイトのことを聞かれた場合、どのように答えるのが良いでしょうか?

具体的には以下のコツを意識するといいでしょう。

アルバイトのことを話すときのコツ
  • アルバイトから学んだことを洗い出しておく
  • アルバイトの経験が会社でどのように活きるか理解する
  • 結論から述べる
  • 始めた動機を嘘でも良いので、準備しておく

アルバイトから学んだことを洗い出しておく

まず一つ目として、アルバイトで学んだことを洗い出しておきましょう。

例えば、イタリアン料理店でアルバイトをしていたとします。

私が行った施策の一つにお客さんにアンケートをとって新しいセットメニューを考案し、売り上げを20%上げたとしましょう。

ここでの私の学びは「お客さんの声をしっかり聞くことの大切さ」とおくことができるでしょう。

ここで大事なのは、誰が見ても納得できるような学びにしてください。

アルバイトの施策の話をした後に、「お金の大事さを学びました」って言ってもなんの説得力もないですよね。

なので、実際に学びとして感じていなかったとしても、学びは誰が見てもわかるものにしましょう!

アルバイトの経験が会社でどのように活きるか理解する

困ったさん

面接官が勝手に判断してくれるでしょ…

と思っている人も多いかもしれません。

実際には、面接官が勝手に判断してくれて合格をもらえる場合は非常に稀です。

なぜなら面接官は一日中面接を行なっていて、質問することに疲れ果てているからです。

なので自ら、「私のこの学びは御社の〇〇なポジションで活きると思っています。そして私はそのポジションでこの学びを活かして、さらに良い結果を残したいです」と言いましょう!

これで面接を通過する可能性はだいぶ高くなります。

ヒビキ

実際、僕も毎回のようにこれを言っていました。

通過率も高かったですよ。

結論から述べる

就活生の中に多いのが、

人事

アルバイトではどんな困難があったんですか?

困ったさん

なかなか周りが協力してくれなかったんです。
だから、私は〇〇な施策を打ちました。

といったような人たちです。

これの何がいけないのでしょうか?

答えは「結論ファースト」になっておらず、質問にしっかり答えていないからです。

もし、「アルバイトでどんな困難があったのですか?」と聞かれたなら、「〇〇な困難がありました。私はそれを〇〇の方法で解決しました」のように答えましょう。

どんな質問にも最初に結論を言うことを意識しましょう。

これだけで本当に話の聞こえ方が変わります。

始めた動機を嘘でも良いので、準備しておく

アルバイトの話を聞くときの意図として「どんなきっかけで動く人なのか知りたい」というものがあります。

なのでみなさんのなかには、

人事

なんでそのバイトを始めたのですか?

と聞かれたことがある人もいると思います。

大抵の人は「お金が欲しくて」とか「友達が始めたから」アルバイトを始めたでしょう。

僕もその1人で、友達に誘われてアルバイトを始めました。

そういう人は嘘でもいいので、アルバイトを始めたきっかけを作りましょう。

例えば、私は居酒屋でアルバイトをしていたとします。

「私が居酒屋でアルバイトを始めた理由は、今まであまり会わなかった人と会ってみたかったからです。私は高校生まで内気な人間でした。そんな人間性を変えたくて、自分と正反対な人が多い居酒屋でアルバイトをすることを決めました」

このように誰が聞いても「なるほどなぁ」と感心できるきっかけを作りましょう。

困ったさん

そもそもなんできっかけって大事なの?

会社で働き始めた後にどのようなきっかけで動く人なのか知りたいからです。

アルバイトの経験がない人はどうするの?

困ったさん

長い間アルバイトを続けたことがない…。どうすればいいの?

こんな人もいるでしょう。
かくいう、僕もその1人でした。

そんな僕は以下のことを実行して、有名ITベンチャーから内定を勝ち取ることができました。

具体的には以下の2つです。

アルバイトの経験がない場合
  • 希少性がある何かに打ち込もう
  • ゼミや課外活動のことを代わりに話そう

希少性がある何かに打ち込もう

単純な考えですが、期間で勝負できないなら、エピソードの「質」で勝負するべきです。

僕の場合は、自ら運営しているこのブログの話をしました。

学生でブログを立ち上げて運営している人は少ないため、アルバイトの話をする人よりも希少性で優位に立つことができ、内定をもらうことができました。

このように、期間で勝てないなら、優位性や希少性で勝負することをおすすめします。

困ったさん

具体的におすすめなものはある?

僕がおすすめするのは、「プログラミング勉強」か「ブログ」です。

プログラミング勉強

プログラミングの勉強は就活において「最強」の武器といっても過言ではありません。

まずプログラミングができる人は選考ルートが違います。

エンジニアしか採用しない企業(メルカリなど)もありますし、エンジニアだとESや1次面接パスなどの特典があります。

また、ガクチカとしての希少性もめちゃめちゃ高いです。
特に文系の人は最強です。

なので、迷ったら全力でプログラミング勉強を始めましょう!将来的にも必ず役立ちます。

私がおすすめするプログラミング勉強サービスは「ウズウズカレッジプログラミングコース」です。

ウズウズカレッジプログラミングコースは未経験・初学者歓迎のプログラミングスクールです。

特徴としては、

  • IT就職を完全サポート
  • 一人一人に合わせたオーダーメイドプログラム
  • 基礎学習を中心に「自走する力」を育てるスタイル
  • ZOOMを利用したビデオ授業

があります。

困ったさん

何いってるのか全くわかんないんだけど…

という人は、ウズウズカレッジプログラミングコースが行なっている無料説明会に行ってみることを強くおすすめします。

精神論みたいですが、まずは行動をすることが大事です。

ブログ

ブログも就活用に取り組むことで、就活対策として価値が高いものになります。

理由は、以下の通りです。

  • 文章力がつく
  • サーバー利用などプログラミング知識がつく
  • 何より僕自身が就活でブログの話をしてウケが良かった

希少性や優位性に関しては、僕が面接でめちゃめちゃ感じたので保証できます。

もし「ブログを始めてみたい!」って人のために、ブログ解説に必要なものを書いておきます。

  • WordPressアカウント(無料)
  • サーバー(月800円くらい)

この2つだけでブログを始めることができるんですね!簡単ですよね!

困ったさん

何から始めればいいの?

って人は、一旦サーバーをレンタルしましょう!

僕が実際に使っている「conoha wing」というサーバーがめちゃめちゃお勧めなので、もしサーバーに関して何もわからなかったら、絶対にconoha wingを使いましょう。

conoha wingでは初心者でもブログ開設をできるようなチュートリアルがあります。

プログラミング初心者なら絶対に使うべきですね!

ゼミや課外活動のことを代わりに話そう

みなさんの中にはアルバイトに打ち込む時間がないくらい部活動やサークル、ゼミに打ち込んだ人がいるでしょう。

そういう人は、

私はアルバイトはしていませんでした。なぜならゼミでの活動に本気で打ち込みたかったからです。

実際にゼミでは、〇〇優勝という前代未聞の結果を残すことができました。

みたいな形で、アルバイト以外の話をできるように面接官を誘導しましょう。

今この文章を読んでいて、「え、その話少し聞きなる」ってなった人がいると思います。

面接官も同じ人間なので、話したいエピソードに誘導することで、自分の話したいエピソードを話すことができます。

ゼミやサークルの話に誘導するときのコツとしては、一度概要を話すときにフックを作ることです。

先程の例だと、

「実際にゼミでは、〇〇優勝という前代未聞の結果を残すことができました。」というフックを言いました。

実績や結果などで気になるポイントを作っておくことで面接官も「何その話、少し気になる」と質問をしてくれるのです!

咄嗟にすることは難しいと思うので、普段からの練習を心がけましょう。

まとめ

今回は、面接でアルバイトのことを話す意図と話し方をメインに解説しました。

アルバイトの経験から求めているものは、「人柄と継続力」でしたね。

ここをアピールしながらアルバイトについて話しましょう。

このブログでは他にもたくさんの就活系記事を書いているので、もし良かったらぜひ!

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。