【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

スケジュール

就活を3月から始めるのは遅い?やることを整理して内定を目指そう。

就活生

就活を3月から始めるのは遅い?
3月から就活を始めて内定を取るためにするべきことは?
3月から就活を始める場合のスケジュールが知りたい!

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • 3月から就活を始めるのは少しだけ遅いです
  • 3月から就活を始めた人が内定を取るためにやること
  • 3月から就活を始めた人のスケジュール

それでは早速解説していきます!

3月から就活を始めるのは遅い?

3年生の3月から就活を始めるのは「遅い」のでしょうか?

結論を言うと、「少し遅い」と言うのが正直なところです。

理由は以下の通りです。

  • 3月から日系大手等の本選考が始めるから
  • 近年は就活の早期化が進んでいるから

順を追って説明します。

3月から日系大手等の本選考が始めるから

日系大手などの経団連に属している企業は3月1日が選考解禁日になります。

なので、3月1日から一斉に就活の選考をスタートします。

当たり前ですが、3月1日から選考が一斉にスタートするなら、それよりも前から選考の準備をしておくべきですよね。

事実、多くの就活生は3月からの本選考に向けての準備を1月ごろから始めます。

なので、3月から就活を始めるのは少し遅いと言えるでしょう。

近年は就活の早期化が進んでいるから

皆さんもご存知だと思いますが、近年の就活は早期化が顕著に進んでいます。

リクルートのみらい研究所の調査によると、21卒の段階で26%近くが3年生の6月(夏前)の段階で就活を始めています。

Hibiki

僕は22卒で就活をしていたのですが、確かに就活の早期化は明らかに進んでいました。

就活の早期化が進むと、早く就活を始める人と遅くから就活を始める人の差が大きく広がります。

5年前だったら3月から就活を始めてもあまり問題なかったかもしれませんが、早期化が進んだ今は3月から就活を始めるのは少し遅いです。

Hibiki

でも大丈夫です。今から3月から就活を始めた人がやるべきことを解説します。

3月から就活を始める人がやるべきことを紹介

3月から就活を始めるということは、他の人よりも遅くから就活を始めているということです。

それはつまり、必要ないことをなるべく減らして、大事なことに時間を使わないと遅れは取り返せないということです。

なので今から、3月から就活を始める人が絶対に行うべきことを紹介します。

正直、下に書いてあることを全て行えば内定をもらう可能性を大きく上げることができるでしょう。

  • 自己分析をする
  • 逆求人サイトに登録する
  • 自分が興味がある会社を洗い出す
  • 就活エージェントを使う
  • 企業研究をする
  • ES・面接の対策をする

一つずつ順を追って解説します。

自己分析をする

就活において何よりも大事なのが、自己分析です。

自己分析をしないと自分がどんな人間なのか伝えることができません。

それはすなわち、面接を通過することができないことを意味します。

ただ、自己分析は1週間で終わるようなものでもありません。

時間をかけて行うものであり、通常のやり方でやっていては、3月から就活を始めた人が面接までに間に合う可能性は低いでしょう。

そこで僕がおすすめするのが、自己分析テストを用いた自己分析方法です。

この方法なら自己分析テストを受けるだけである程度の性格や自分自身の特徴を把握できるので、面接を受ける時までに間に合う可能性が高いです。

具体的な自己分析テストをもちいた自己分析方法は以下のリンクで紹介しているので、必ずチェックしましょう。

【就活生必見】おすすめの自己分析テスト4つをまとめました。活用方法も解説。自己分析テストを使って自己分析するのはめちゃめちゃ有能です。自己分析テストは自己分析を手伝うためにあるものといっても過言ではないでしょう。今回はおすすめの自己分析テスト4つと自己分析テストを使った自己分析方法を紹介します。...

逆求人サイトに登録する

就活はある種時間との戦いでもあります。

特に就活を始めたのが遅い方は時間の使い方を他の人よりも意識する必要があるでしょう。

そこでおすすめなのが、逆求人サイトを使う方法です。

逆求人サイトとは、企業が就活生をスカウトするサイトで、多くの場合はES免除や一次面接免除などの特典がついています。

学生が行うことは逆求人サイトに登録して待つだけなので、登録しておいて損はないでしょう。

僕は「Offerbox」と「キミスカ」という逆求人サイトをおすすめしています。

どちらも国内最大級で、大手企業も採用しているため、逆求人サイトを登録するならこの2つでしょう。

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

自分が興味がある会社を洗い出す

就活を始めたのが遅いということは、受けれる会社数が少ないということでもあります。

なので、本当に気になる会社だけを受けていくのが正しい戦略になります。

皆さんの中に「なんとなく気になる会社」があると思います。

そういった会社を洗い出して、就活で受ける企業リストを作りましょう。

ここで注意して欲しいのが、超大手企業ばかりを入れてしまうと全落ちして内定なしに終わってしまう可能性があるので、中小企業なども含めるようにしましょう。

Hibiki

後ほど紹介しますが、中小企業を受けることは就活を戦略的に戦っていく上で重要です。

就活エージェントを使う

就活を始めたのが遅い人が行うべきことの一つに、他の人の協力を頼るというのがあります。

就活を遅くから始めたのに一人で就活をしていては、先に就活を始めていた人には絶対に勝てないでしょう。

なので、就活エージェントに頼りながら就活をすることを僕はおすすめします。

就活エージェントのゴールは就活生を内定させることで、それは就活生のゴールである内定と同じです。

そのため就活エージェントは親身に皆さんのために時間を使ってくれます。

僕は「JobSpring」と「キャリアチケット」という大手の就活エージェントをおすすめします。

小さな就活エージェントには学生のことを「商材」のように扱う会社もあるので注意が必要です。

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。

キャリアチケット→就活生にも大人気の人材系企業レバレジーズ株式会社が運営する就活エージェント。1万人以上の就活生にアドバイスをしてきたコンサルタントが圧倒的な質のサービスを完全無料で提供。最短2週間で「内定」までいけるのはキャリアチケットのみ。

企業研究をする

就活では「志望動機」が非常に重視されます。

それは中途と違って、能力を見て採用するわけではなく、今後のポテンシャルを見て採用するからです。

良い志望動機を書くには、企業のことを深く理解する必要があります。

よく商社はどこも一緒なんて言いますが、しっかり分析すると「伊藤忠は繊維に強いけど、三菱商事は鉄鋼に強い」など全然違うことがわかるんですね。

企業研究をしないとその企業にしか通用しない志望理由が書けずに「それってうちじゃなくても良くない?」という質問をされて、面接に落ちてしまいます。

なので、企業研究はESを書く前に絶対に行うようにしましょう。

企業研究のやり方を商社を用いてどこよりも詳しく解説します。【猿でもできる】 困ったさん 企業研究のやり方がわからない。 企業研究ってどこまでやれば終わり?何を目的にすればいい? 今回はこういった疑...

ES・面接の対策をする

もちろん、ESと面接の対策も欠かせません。

ただ他の人が何ヶ月もかけて行う対策を1ヶ月ぐらいの期間で行う必要があるため、要点を掴んで対策する必要があります。

なので先に説明すると、

ES→ガクチカ(400字)と自己PR(400字)を用意
面接→模擬面接をひたすら行う

だけするようにしましょう。

以下に参考文献を載せておきます。

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の書き方を9つのステップで徹底解説。【ESはもう怖くない】ガクチカの書き方がわからない人のためにこの記事では9つのステップに分けてガクチカの書き方を解説しています。この記事を見れば通過率の高いガクチカを書けるようになるので、必ずチェックです。...
【就活】自己PRの書き方を6つのステップで徹底解説。【僕はこれで通過できた】自己PRの書き方は以下の6つのステップに分けることができます。①:自分の強みを簡潔に言う、②:それを象徴するエピソードの概要を簡単に言う、③:課題の背景の説明、④:課題に対して取った施策とそのなかで活きた強みを説明、⑤:施策の結果、⑥:その強みを会社でどのように活かすか。詳しく解説しています。...
模擬面接のやり方を徹底解説します。【僕は30回以上やりました】 就活生 そもそも模擬面接をする目的って何? 模擬面接ではどんな質問をすればいい? 模擬面接はどのように行うのがおすすめ? ...

就活を3月から始めた人が取るべき就活スケジュールを解説します

3月から就活を始めるのは「少し遅い」と先ほどから説明してきました。

では3月から就活を始めた人はどのようにして就活のスケジュールを組めば良いでしょうか?

先に結論を言うと、以下のように就活スケジュールを組むことをおすすめします。

就活を始める瞬間から「自己分析とES対策・そして面接対策」を行います。

この3つは内定を取るのに非常に重要なので、一番最初に始めます。

ESや面接が受かるようになってきて時間ができた頃に「企業研究」を始めます。

これにより、最終面接などの難しい面接を突破できるようになります。

順調にいくと、6月から7月の間に希望の企業から内定を得ることができるでしょう。

ここには書いていないですが、就活を始めた3月の段階からESを提出したり、面接を受け始めることは前提として重要で、取り組むべきことです。

中小企業を見ることも大事

最後に少しアドバイスっぽい話になってしまいますが、中小企業を見ておくこともおすすめします。

日本のいわゆる大企業と言われるところは日本全体の1%程度しかなく、残りの99%程度は中小企業です。

単純計算をすると1%の学生のみが大企業に行けて、99%の学生は中小企業に行くことになるのです。

なので、中小企業もしっかり視野に入れましょう。

これは決して妥協ではなく、就活において一番大事な内定を取るための戦略の一つです。

中小企業にも良い企業はたくさんあるので、毛嫌いして受けないという姿勢は持たないようしましょう。

まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

3月から就活を始めるのは少し遅いですが、まだまだ間に合う時期です。

今から全力を出して他の就活生徒の遅れを取り返しましょう。

このブログでは他にも就活関連の有益情報を完全無料で公開しています。

気になる人はぜひ。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。