【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

不安や質問

就活はもう嫌だという人へ。あまり語られていない簡単内定の就活教えます。

  • 就活がつらくてもう無理、やめたい。
  • 正社員じゃなくて、派遣社員やバイトで生きていくのはぶっちゃけどう?
  • 簡単に内定取れる方法ってないの?

みなさんはこういった疑問を持っていませんか?

今回は、こういった疑問に答えていきます。

✔️この記事を読むとわかること

  • 就活がもう嫌だと思う時の対処法
  • 派遣やバイトで生きていくことのメリット・デメリット
  • 簡単に内定を取れる方法

この記事を執筆している僕は、

✔️自己紹介

  • 22卒就活生で某有名ITベンチャーに内定
  • 学生ながら採用経験あり
  • 月に10,000以上が訪れる当就活サイトの管理人

となっています。

それでは早速解説していきます。

就活がもう嫌だという人へ…

もしかしてあなたは以下のような考え方をしていないですか?

  • 就活がつらいけど、みんな我慢しているしやらなきゃ…
  • 就活が本当にやりたくない、でも親に何か言われるんじゃないか…

そんな人に言いたいことがあります。

結論、1回就活から離れてみることは全然ありです。

「もう嫌だ…」と思いながら就活をしても、内定をもらえる可能性は正直低いと思います。

それならいっそのこと、1回自分がやりたいことをひたすらやってみましょう。

お酒を飲むでもいいし、漫画喫茶に1日中行くでもいいです。

大事なのは、とにかく就職活動を忘れられることをしましょう。

そうすると不思議なことに「本当に自分がやりたいと思うこと」が見えてきます。

例えば、漫画喫茶に1日いたら「自分は漫画が大好きで、漫画に関係する仕事がしたい」と思うでしょう。

そしたら漫画関連の企業に就職しましょう、それがあなたにとっての天職です。

漫画関連の企業だけを受け続けましょう。

「本当に漫画が大好き!」って気持ちを前面に伝えることができれば、絶対にどこかの企業からは内定をもらえて、好きなことを仕事にできます。

✔️大事なこと

1回就活を完全に忘れましょう。

そして好きなことに熱中しましょう。

そうするといつの間にか「お金を払ってでもやりたいこと」が見えてくるはずです。

それを面接で伝えましょう。これで内定もらえます。

アルバイトや派遣で生きていくのはアリ?

新卒で正社員として働かずに、アルバイトや派遣で生きていくのはアリでしょうか?

結論を言うと、アリですが、控えたほうがいいかもしれません。

確かにアルバイトや派遣で生きていくこと自体は決して悪いことではありません。

ただ、大学をせっかく卒業したのに新卒で正社員として入社しないのはもったいないです。

もっと詳しく正社員と派遣・アルバイトのメリット、デメリットを見たい人は以下の記事が参考になるかもしれません。

【熟考しよう】就活したくないからフリーターになるのは踏みとどまりまろう。 就活生 就活したくないからフリーターになろうと思っているんだけど、大丈夫? もし就活が最適解の場合、今からどうすればいい? ...

就活を続けるべき理由3つを解説します

とは言っても、根性論で「絶対にあなたに合う企業があるから諦めないで頑張ろう」はダメですよね。

〇〇って理由があるから就職活動を続けるべきなんだよって説明された方がスッキリしますよね。

具体的には以下の3つの理由から、就活を続けるべきです。

新卒カードを失うのはもったいないから

みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、新卒で一括採用をしているのは日本くらいです。

アメリカでは在学中にインターンシップをして、そこから採用されるというルートしか基本的にはないですし、採用されるにはGPAを高く保つ必要があります。

中国では4年生大学卒業程度では、まともな企業に採用されないです。
大抵の高学歴は大学院まで行きます。

それに比べ日本では、新卒であれば同じ土俵に立って勝負できるという素晴らしい環境があるのです。

これを使わないというのは非常に勿体無いです。

特に日本の大企業は新卒でしか入れない企業などもあります。

そういう企業に何もスキルがないのに入れるのが新卒採用最大のうまみです。

なんのスキルもない学生がそれなりの企業に「ポテンシャルを見込まれて」入社することができる新卒採用はかなりやばいです。

「ここでなら働きたい」という場所が見つかるから

就活をもうやりたくないと思っている理由の一つに、どの企業も魅力的じゃないって理由があるかもしれません。

説明会に行っても「うちが求めている人材は笑顔が素敵な人で…」みたいな話を聞かされて「またそれか…」って思っているかもしれません。

僕も説明会行くたびに同じような話をしている企業の人にはうんざりしていました。

そんな人に朗報です。

みなさんにフィットする企業は絶対にあります。

なぜなら、みなさんと似ている性格の人が絶対にいるからです。

まず前提としてみなさんが入るのは「会社」ですが、一緒に働く時間を過ごすのは「人」です。

つまり「人」が職場選択をするにあたって最重要事項ということです。

みなさんの性格は唯一無二のものですか?
今までで意気投合した人はいませんでしたか?

絶対に何人かいるはずです。

そういった人が働いている会社なら、内定をもらいやすいですし、働くモチベーションも出てくるでしょう。

独立できるスキルがないから

みなさんは明日から1人で生活しているいけるスキルや能力はありますか?

ほとんどの人が「No」でしょう。

僕も「No」です。

つまり、ほとんどの人が独立できるようなスキルは持っていないのです。

そうであれば、どこかの団体に属しながら生活をしていくことは必須です。

なので、新卒として就職することは合理的な選択なのです。

今すぐにでも試してみること4選!

ここまでは「新卒で就職するべき理由」をつらつらと書いてきました。

そうは言っても、対策を講じていかないといつまで経っても「就活をもうやりたくない…」という状態になってしまいますよね。

なので今からは「絶対にやるべき今からでもできる就活対策4選」を紹介します!

具体的には以下の4つを行いましょう。

  • 逆求人サイトを利用する
  • 就活エージェントを利用する
  • 自分が好きな人がどんなキャリアを歩んだのか確かめる
  • 趣味を仕事にできるか考える

順を追って解説していきます。

逆求人サイトを利用する

みなさんは逆求人サイトというものを知っていますか?

逆求人サイトとは、就活生がプロフィールを登録し、そのプロフィールを見た企業がスカウトするというタイプの就活サイトです。

これの何が良いかというと、

就活生は基本的に待っているだけで選考へのスカウトが来て、そのスカウトは大抵の場合ESパスや1次面接パスなどの優遇がついているのです。

就活生

でも僕は学歴も大したことないし、目立った功績も残していないからスカウトなんて来るのだろうか。

と思っている人もいるかもしれません。

僕も学歴や実績は大したことがないですが、そんな僕でもスカウトがしっかりとくる逆求人サイトを今から紹介するので、心配は不要です。

具体的なサービス名を挙げると、キミスカOfferboxです。

ここで説明するととても長くなってしまうので、多くは説明しませんが、上記2つの逆求人サイトには、以下のような特徴があります。

  • 大手企業からもスカウトがじゃんじゃん来る
  • 登録企業数が業界トップ
  • 登録学生数も業界トップ
  • 自己分析テストがある

特に最後に記載した自己分析テストは、めちゃめちゃ精度が高いものが受けられるので、かなりおすすめです。

詳しくは以下の記事を見てもらえると、わかると思います。

Offerboxの評判はどうなの?オファボを使っていた就活生が回答します。 困ったくん Offerboxの評判やおすすめポイントを知りたい! 困ったさん Offerboxがどんな人におすすめなの? ...
キミスカの評判はどう?就活生の僕が就活生視点で教えます。【結論は使うべき】 困ったくん キミスカっていう就活サービスを聞いたんだけど、評判がどうなのか知りたい。 あと、どんな人がキミスカを使うべきか知りた...

就活エージェントを使う

就活エージェントは正直、就活がもう嫌だという人にはかなりおすすめのサービスです。

使ったことがない人のために説明すると、みなさんの就活の手助けをしてくれるサービスです。

もちろんボランティアではなく、みなさんが内定承諾をすると内定先から報酬がもらえる形となっています。

なので、就活エージェントはみなさんの就活を助けることで自分たちの懐も潤うというwin-winな関係なのです。

とは言っても、世の中には怪しい就活エージェントがたくさんあります。

なので、僕がおすすめする就活エージェントを紹介しておきます。

それが、JobSpringという就活エージェントです。

ここでこの就活エージェントの魅力を語るとものすごく長くなってしまうので、気になる人は以下の記事を読んでほしいです。

【評判】就活エージェントサービス「JobSpring」についてインタビューしました! こんにちは、ヒビキです。 みなさんは就活エージェントサービスを使ったことはありますでしょうか?コロナウイルスの影響でオンライン化...

一応簡単に要点をまとめると、以下のような感じです。

  • 本当におすすめの3社〜5社しか紹介しない
  • 面接対策やES対策まで一緒にやってくれる
  • 適性検査の結果をもとに手伝ってくれるから、エージェントの差が出にくい

自分が好きな人がどんなキャリアを歩んだのか確かめる

みなさんは「尊敬している人や好きな人」がいると思います。

その人たちってどういうキャリアを歩んで、そのポジションを確立したのでしょうか?

意外とこの質問に答えられる人って少ないですよね。

もし尊敬している人みたいになりたいと思うなら、その人が歩んできたキャリアを歩んでみることが最短距離で目標にたどり着く方法ではないでしょうか?

一度、自分の尊敬している人や好きな人がどんなキャリアを歩んできたのか確認してみましょう

そしてその人たちの最初のキャリアステップを真似すれば、みなさんが納得するキャリアを歩める可能性が高くなりますね。

趣味を仕事にできるか考える

最後に提案するのが、趣味を仕事にする方法です。

みなさんも趣味はたくさんあると思います。
それが仕事になったら最高だと思いませんか?

例えば私はサッカーを観ることが趣味なのですが、これが仕事になったら最高だと思っています。

就活生

いや、サッカーを観ることが仕事になるわけないじゃん…

それも考え方次第です。

例えばサッカーの解説の道を極めて、解説者としてサッカーを観ることを達成する方法でも良いですし、サッカーパブを運営してサッカーを観ながら仕事をするという方法もあります。

このように「趣味をいかに仕事に繋げるか」というのが非常に大事なんです。

みなさんもぜひ「どうやったら趣味が仕事に繋がるかな…」というのを考えてみてください!

まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

今回は「もう就活が嫌だ…」という人に、なぜ就活を続けるべきか、今から何をするべきかを紹介しました。

しんどくなったら、息抜きをして、リフレッシュしたら就活を再開する。

そんな感じで自分のペースに合わせて就活をしていきましょう。

この記事を読んでいる人は以下の記事がおすすめかもしれません。

【就活生が語る】22卒で内定なし(NNT)の人が内定をもらう方法を紹介します。22卒の就活生で内定なし(NNT)の人が子の記事を読んでいると思います。22卒で内定なしの人が内定を取るためには何をするべきか。内定がでない人の特徴は何か。就活浪人はするべきか。といったことについて解説しています。...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。