【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

不安や質問

就活浪人として同じ企業を受けるのは大丈夫?気をつけるべきポイントを解説。

就活生

就活浪人として昨年受けた企業をもう一回受けるのはあり?
就活浪人として同じ企業をもう一回受けるときに気をつけるべきこととは?

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • 就活浪人として同じ企業をもう一回受けるのはあり
  • 就活浪人として同じ企業をもう一回受けるときに気をつけること
  • 就活浪人が内定を取るために意識するべきこと

近年は就活が激化しており、就活浪人をする人が増えています。

そんな中で、就活浪人生として同じ企業を受けるのはどうなの?という疑問があると思います。

今回はそういった疑問を解消し、就活浪人生が内定を取れるようになるところまで解説します。

それでは早速いきましょう!

就活浪人として同じ企業をもう一回受けるのはありです

タイトルでネタバレしていますが、就活浪人生として同じ企業をもう一度受けることは大丈夫です。

理由は以下の3つです。

就活浪人が大丈夫な理由
  • 昨年よりも魅力的な自分になっている場合があるから
  • その企業に入りたい熱意を伝えられるから
  • 就活浪人にネガティブな印象を抱く人が少ないから

順番に解説していきます。

昨年よりも魅力的な自分になっている場合があるから

一つ目の理由が「昨年よりも魅力的な自分になっている場合があるから」です。

就活生時代は魅力が足りず、選考に落ちてしまったかもしれません。

しかしながら就活浪人生としての1年間の間でプログラミングを勉強したり、インターンを始めたりと魅力付けをした人もいるでしょう。

そういった人は去年よりも魅力的な自分の企業にアピールすることができます。

そして企業も魅力的な人を求めているため、過去の選考よりも魅力的になっているなら選考を受けてくれることはウェルカムなんですね。

Hibiki

企業としては、優秀な人に面接を受けて欲しいと思っているので、それに当てはまるなら全然何回でもありです。

その企業に入りたい熱意を伝えられるから

就活浪人をしてその企業をもう一度受けると言うことは、その企業に本当に入りたいというのをアピールすることができます。

もし一個も内定をもらえなかったから就活浪人をしているという場合でも、面接などでは「御社にどうしても入りたくて就活浪人をすることを決めました」と発言するようにしましょう。

面接官からポジティブな評価をもらえる可能性がかなり高いです。

就活浪人にネガティブな印象を抱く人が少ないから

先ほども少し触れましたが、就活浪人は毎年人数が増えてきています。

なので、就活浪人生にネガティブな印象を抱く人は少ないです。

特にコロナウイルスによる就活氷河期の今は、就活浪人になること自体全くおかしなことではありません。

23卒の就活は氷河期なの?22卒内定者がぶっちゃけます。内定取る方法も解説。23卒就活が氷河期なのか?という質問を見かけます。結論を言うと「一定の層には氷河期就活となる」可能性があります。その層とはどこなのか、23卒就活を勝ち抜いて内定をもらうためにすることを解説しました。...

また航空会社に勤めたいCA希望の人などは、そもそも募集がないから就活浪人をするなんてこともあるでしょう。

このように就活浪人に対する考え方はここ3年くらいで大きく変わったのです。

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...

就活浪人として同じ企業をもう一回受けるときに気をつけるべきこととは?

ここからは就活浪人として同じ企業をもう一回受けるときに気をつけるべきことを解説します。

具体的には以下の4つの点に気をつけると良いでしょう。

就活浪人の人が気をつけるべきこと
  • 去年も受けたことを先に伝える
  • 就活浪人をした理由をしっかり説明する
  • 自分が就活浪人期間で何をしているのか説明する
  • その企業に入りたい熱意を伝える

順番に解説します。

去年も受けたことを先に伝える

たまに就活浪人をしていることを隠して、去年その企業を受けたことを隠す人がいるのですが、これはよくありません。

大抵の企業は数年間分の選考応募者のデータを持っているので、すぐに判明してしまいます。

後から判明するのと自分の口から先に説明するのでは、自分の口から先に説明する方が全然良いので、最初に自分から説明することをおすすめしています。

※ちなみに1回受けるとそこから2年間選考を受けれない企業(P&Gなど)もあるので、そこはしっかり気をつけましょう。

就活浪人をした理由をしっかり説明する

就活浪人はネガティブなイメージこそなくなりつつあるものの、やはり「なんで就活浪人したの?」という疑問は残ります。

なので、就活浪人した理由を説明するようにしましょう。

ここで気をつけて欲しいのは「内定がもらえなかったから」などのネガティブな理由を言わないことです。

もし仮に「内定がもらえなかった」ことが理由だとしても、「もう一年自分が本当にやりたいことを考えてみたかった」などの理由にしましょう。

もしプログラミングやインターンなどに取り組んでいる人は「プログラミングを勉強してエンジニアになろうと思ったから」などの返答でも良いでしょう。

大事なのは就活浪人をした理由はポジティブな理由であるということです。

自分が就活浪人期間で何をしているのか説明する

就活浪人をした理由を伝えるのと同時に、就活浪人期間に何をしているのか説明することも重要です。

なぜなら就活浪人期間は学校があるわけではないので、時間に余裕があるからです。

時間があるのに何もしていないとなると企業の人事担当者は「この子は努力をするタイプじゃないのかもしれない」と思ってしまいます。

逆に何かしらスキルを上げることができるものだったり、自分が興味があることに時間を費やしていると「この子は努力ができる子なんだ」と思ってくれます。

就活生

就活浪人期間にやるべきスキルアップとはあるの?

皆さんが気になることに時間を費やすのが一番ですが、もし興味あることがない場合は、プログラミングに時間を費やすことをおすすめします。

プログラミングは10年以上廃ることは絶対にありませんし、就活にも強く、そして生涯年収を上げることにつながります。

最もコスパの良い勉強だと思うので、やりたいことがない人には圧倒的におすすめです。

もしプログラミングの「プ」の字もわからない人は、まずは「Tech Academy」で無料体験をしてみることをおすすめしています。

その企業に入りたい熱意を伝える

就活浪人生が同じ企業を受けるときに気をつけて欲しいポイントの4つ目が、熱意をしっかり伝えることです。

一度その企業を受けて落ちていると言うことは、その時点では能力や熱意が足りなかったということです。

新卒採用においては能力が重視されることは少ないので、その企業に入りたいという熱意が足りなかった場合が多いでしょう。

なのでその企業に入りたいという熱意をしっかりと伝えるようにしましょう。

熱意を伝えるのが難しくて苦戦している人は以下の記事がおすすめです。

【内定者が語る】面接での志望動機の伝え方を解説。コツは全部で5つです。 就活生 面接でうまく志望動機が伝えられない… 面接でうまく話すためのテクニックがあるなら知りたい… みなさんはこういった...

就活浪人が内定をもらうために大事なこととは?

就活浪人の人が内定をもらうために重要なことを今から解説します。

具体的には以下の3つが重要になります。

就活浪人が内定をもらうためのコツ
  • 昨年内定をもらえなかった原因を分析する
  • 原因がわかったら、そこをひたすら対策する
  • 就活浪人期間にスキルアップする

一つずつ解説します。

昨年内定をもらえなかった原因を分析する

就活浪人生の人には厳しい現実かもしれませんが、昨年行きたかった企業から内定をもらえなかった人がほとんどでしょう。

もしそうならば、なぜ昨年いきたかった企業から内定をもらえなかったのか分析しましょう。

ESで落ちてしまっていたならESのどこかダメなのか、面接で落ちてしまったなら面接のどこがダメだったのか考えてみることが重要です。

例えば二次面接で落ちてしまっている場合、「受からせるための理由」がなかったことが面接通過できなかった理由かもしれません。

何言っているのかわからないという人は以下の記事を参考にすると良いでしょう。

【就活生の体験談】2次面接の対策方法を教えます。気をつけるべきところや見直すべきポイントも! 困ったくん 2次面接を通過するコツが知りたい…。2次面接で落ちるんだけど、どこを見直すべき…? 今回はこんな疑問に答えていきま...

大変なことかもしれませんが、原因分析をしっかりしないと効果のある対策を取ることができないので、原因分析はしっかり行いましょう。

原因がわかったら、そこをひたすら対策する

原因がわかったら、そこを対策しましょう。

例えばESで落ちてしまっている企業が多いとします。

そしたらESの強化が必須となります。

ESの強化においては「ESの内容が悪いのか・ESの書き方が悪いのか」という2つの軸から分析することができます。

ESの内容が悪い場合には友達や先輩にESの内容を見てもらうようにしましょう。

自分が思っているダメなエピソードが実は良いエピソードだったり、その逆もあります。

※もし先輩などでESを見てくれる人がいない場合は就活エージェントなどのサービスを使うことをおすすめします。

気になる人のために以下に該当記事を載せておきます。

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...

このようになるべく細かく、問題点の分析をして、対策をするようにしましょう。

※このサイトにはESや面接の対策方法の記事がたくさん公開されているので、知りたい人は以下の記事からチェックすることをおすすめします。

就活完全対策ロードマップ | 内定までの全てを解説します。 このページでは就活の0から100まで全て紹介して行きます。 限りなく全てを網羅的にまとめましたので、これから就活を迎える人や今就...

就活浪人期間にスキルアップする

就活浪人生が内定を取るために意識するべきことの3つ目は、スキルアップです。

先ほども少し話した通り、就活浪人生は時間があるため、何かしらに取り組むべきです。

何かしらは自分が好きなことで構いません。

そのことに取り組んで、就活浪人期間も自分を磨くことに努力していることをアピールしましょう。

もし何もしたいことがない場合は先ほども紹介しましたが、プログラミングの無料体験をしてみることがおすすめです。

まとめ

ここまで記事を読んでくださって、ありがとうございます。

今回は就活浪人生が同じ企業をもう一回受けるときの注意点などを解説しました。

このサイトでは他にも就活生にとって有益な情報を解説しているので、気になる人はぜひ以下をチェックです。

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...
ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。