【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

就活したくないから休学するのはありなの?結論は「なし」です。理由も説明します。

困ったさん

就活したくないから休学するのはあり?

困ったさん

休学しようか考えているんだけど、就活には影響がある?

今回はこういった疑問に答えていきます。

この記事を読むとわかること
  • 就活したくないから休学するのがありか
  • 簡単に内定を取れる方法
  • 就活の状況ごとの休学をするべきか
  • 休学をするならやるべきこと

この記事を執筆している私は、

  • 22卒就活生で、某有名ITベンチャー内定
  • 学生ながら採用の経験あり
  • 月に5000人以上の就活生が訪れる就活メディアを管理・運営

となっています。

それでは早速解説していきます。

就活をしたくないから休学するのはありか?

困ったさん

就活したくないから休学するのはあり?

結論を言うと、就活したくないから休学するのは「なし」です。

なぜなら、それは就活を先延ばしにしているだけだからです。

ただし、休学期間に長期インターンをしたり、留学をしたりするなら「休学はあり」だと思います。

私自身も実は休学経験者で、休学明けに就活をしました。

そこで必ず聞かれる質問が、「休学期間には何していたのですか?」でした。

私の場合は休学期間に留学をしていたため、留学をしていましたと答えていたのですが、もし何もしていなったらと思うと少しゾクッとします。

なので、休学期間中に就活に有利なことをするなら休学はあり、それ以外なら休学せずに就活を続けるべきです。

休学のデメリットも知ろう

「休学をしたい」と思うようになると、どうしても休学によるメリットばかりに目がいってしまいます。

なので以下の記事で休学のデメリットも確認しておきましょう。

休学しながら就活するのはアリ?注意点や休学中にやるべきことを紹介。休学しながら就活をするのはアリなのでしょうか。結論を言うと、アリです。ただ注意点や休学中にやるべきこともいくつかあります。なので今回は、休学しながら就活をする人に「注意点やコツ」を紹介します。...

もし休学が与えるデメリットについて知っている人は飛ばしてしまって大丈夫です。

ちなみに、休学が就活に与える影響はあんまりないです。

ソースは私自身です。

簡単に内定を取れる方法を紹介します

結論を言うと、以下の3つの方法は他の正攻法と違って、圧倒的に内定が取れやすいです。

  • 逆求人サイトを有効活用
  • 就活エージェントは絶対に使うべし
  • クローズドイベントが実は最強

※当たり前ですが、他の人と同じ方向に進むから高い倍率をくぐり抜ける必要があります。

逆に人と違うことをすることで倍率が低い道を進むことができます。

逆求人サイトを有効活用

もしまだ使っていない人がいるなら、強くオススメしたいのが、逆求人サイトです。

逆求人サイトとは、プロフィールを登録しておくだけで、企業からスカウトが届く「神サイト」です。

ヒビキ

実際に僕の友達に逆求人サイト経由で内定をもらっている人がいます。

逆求人サイトの何が良いかというと、

  • 自分からESを書いて応募する必要がない点
  • スカウトされるため、選考が通りやすい点

です。

特に選考面に関しては、やはり企業側がスカウトしてくれるだけあって、通常の選考よりも通りやすいです。

困ったくん

とは言っても、それって高学歴の人だけがスカウトされてるんじゃないの?

実際にそういうサイトもあるでしょう。

しかし今から紹介する逆求人サイトは「性格診断」と「プロフィール」をもとに、スカウトしてくれるサイトなので、安心してください。

具体的なサービス名をあげると、「Offerbox」と「キミスカ」が僕が強くオススメする2つです。

Offerbox

ESやウェブテストが全然通らない…
学歴が見られてて本当の自分は見られていなのでは…

そんな風に感じてしまうことありますよね。
就活はなんだかんだ企業が一方的に断る権利を持っていますからね。

それを解決するのが、逆オファー型求人の「Offerbox」です。

なんと21万人以上の就活生が登録しているサービス(就活生3人に1人)です。

登録企業数も7,000を超えています。

Offerboxの1番の魅力は「プロフィールを文章だけでなく、スライドや写真などを使って表現できること」です。

つまり、企業が見ているのは「あなたの学歴や実績ではなく、ひととなり」ということです。

また、Offerboxには様々な業界の企業が登録しているため、業界への視野が広がるチャンスにもなるかもしれません。

こちらも完全無料なので、「登録してプロフィールを記入して後は待つ」といったスタイルを取ることをおすすめします。

実はOfferboxにも無料で受けれるめちゃめちゃ精度の高い適性検査があります。

怖いくらい当たっている結果が以下のものになります。
30分くらいかかりますが精度がハンパないので、絶対に受けるべきです。

実際に僕が受けた適性検査のスクショです。

キミスカ

みなさん、たくさんの企業にエントリーすることに疲れていないでしょうか?

僕も就活をしていた時には「企業側からアプローチしてくれないかな」なんて思っていました。

また、「ESやテストが通らない」っていう人もいるでしょう。

そんな人が絶対に登録するべきなのが「キミスカ」です。

キミスカでは就活生側は個人情報を登録するだけで、あとは企業側からスカウトが来るのを待ちます。

スカウトということで自分からエントリーをする必要もありませんし、ESやテストを受ける必要もありません。

ヒビキ

僕の友達でキミスカ経由で内定もらっている人がいます。(承諾はしていませんでしたが)

今なら圧倒的精度の自己分析テストを無料で受けれるようなので、登録して受けてみましょう!

実際に私が受けた適性検査の結果です。めちゃめちゃ精度高いし、怖いくらい合ってます。

就活エージェントは絶対に使うべし

困ったさん

就活を協力してできたら楽そうだな。

なんて思ってことはありませんか?

事実、2人で就活を行えば情報収集やESにかかる時間などは2分の1にすることができます。

そして、それを実現できるのが就活エージェントです。

就活エージェントと聞くと、

困ったさん

学生を商売道具にする悪どいサービスでしょ。

と思う人が多いと思います。

実際僕もそう思っていましたし、そういったサービスも実際にあります。

ただ私がおすすめする「JobSpring」というサービスは、就活生必見のサービスだと思います。

JobSpringがおすすめの理由
  • おすすめされる企業数が多くても5社
  • ウェブテストを使ったAI分析で的確なアドバイス
  • 面接やES対策をひたすら付き合ってくれる
  • 実際にインタビューして良い印象を抱いた

そうなんです、実際に私はJobSpringのサービス担当者にインタビューをしました。

もしよかったら下の記事をクリックすると見れますので、ぜひ。

【評判】就活エージェントサービス「JobSpring」についてインタビューしました! こんにちは、ヒビキです。 みなさんは就活エージェントサービスを使ったことはありますでしょうか?コロナウイルスの影響でオンライン化...

クローズドイベントが実は最強

みなさんはクローズドイベントって知っていますか?

クローズドイベントとは、一般的な就活イベントとは違い、少人数だけが参加できるイベントです。

多くの場合は、学生数十人に対して、企業が複数社と、学生対企業の割合が低いのが特徴です。

このイベントの何が良いかというと、企業の採用担当者とじっくり時間をかけて話すことができるだけではなく、優遇パスなどがもらえる可能性が高いことです。

実際に私も過去に何回かクローズドイベントに参加し、選考パスをもらうことができました。

もっと詳しくいうとそこから内定をもらうこともできました。

なので、本当におすすめです。

困ったさん

具体的におすすめのイベントを教えてよ。

私が最もおすすめするのが、Goodfindという就活サイトが行っているFast Passというイベントです。

このイベントは1日に複数社と面接をすることができ、そこからほぼ確実に選考優遇パスをもらうことができます。

詳しくはGoodfindのサイトを確認してみることをおすすめします。

【状況別】休学をするべきか解説します

今から以下の2つのパターンに分けて休学するべきかを解説します。

  • 4年生の6月以降に内定なし
  • 4年生の6月以前

4年生の6月以降に内定なし

結論を言うと、4年生の6月以降になっても内定がない場合は、休学という選択肢を取っても良いと思います。

4年生の6月以降は多くの企業が内定を出します。

それはつまり、大部分の就活の終わりを意味します。

その段階で内定が出ていない人は、数少ない選択肢の中から内定先を決める必要が出てきてしまいます。

それが納得できない人は、休学をしてもう一年就活をすることも視野に入れてもOKです。

ただしその場合は、親にしっかり相談しましょう。

休学をするにはお金がかかりますし、休学をすることで社会人になって自立するのが1年遅れてしまいますからね。

4年生の6月以前

結論を言うと、4年生の6月以前で「就活したくないから休学しようかな」と考えている人は、考えを改めるべきです。

まだまだ求人はありますし、就活も真っ只中です。

確かに5月ごろになっても内定がない場合は不安で辛い気持ちになり、「とりあえず休学すればいいか」なんて考えてしまうかもしれません。

しかし一旦は6月まで就活をしてみて、そこで自分が納得する内定を得られているのかを確認してから「休学」の判断をするようにしましょう。

おすすめの方法

ということでおすすめの方法としては、

  • 4年生の6月まで就活をやりきる
  • そこでいい内定がもらえなかったら休学をして、もう一年就活をする

です。

休学中にするべきこと3つを紹介します

ここからは就活生が休学中にするべきことを紹介します。

休学をして何もしないと「何やっていたの?」と袋叩きにされるので、休学を決めた人は以下の3つうち、一つは実践してみることをおすすめします。

  • プログラミング
  • 長期インターン
  • 外国語勉強

プログラミング

僕が就活生の最初に戻れるなら絶対に始めるのが、プログラミングです。

就活におけるプログラミングのメリットで言うと、

  • エンジニアの採用窓口が違う
  • エンジニアしか採用しない企業もある
  • エンジニアの採用倍率は低い
  • エンジニア不足のため、年収が高い
  • 就活をしながら副業で十分稼げる

などが挙げられます。

まず就活生が気にすることランキング上位の「年収」ですが、エンジニアとビジネス総合職では全然違います。

新卒での年収こそ同じくらいのものの、そこからのエンジニアの年収の伸びはすごいです。

また、エンジニアしか採用していない企業もあります。

例えばメルカリなどがそれに当てはまります。

このようにプログラミングを勉強することは、就活にとってもみなさんの将来にとっても有益なのです。

とはいってもほとんどの人はプラグラミングなんてほとんどしたことがないと思います。

そういった人は「Tech Academy」でプログラミングの体験学習をしてみましょう。

Tech Academyなら完全無料でプラグラミング体験ができるので気になる人はぜひ。

長期インターン

長期インターンも休学期間中にやることとしておすすめです。

長期インターンをやるメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • ガクチカにかける
  • ビジネスの実践的な経験ができる
  • そのまま内定をもらえる可能性がある
  • 優秀な学生とのコネクションを作れる

特に「ガクチカ」という観点で言うと、長期インターンはめちゃめちゃ強いです。

※実は私は長期インターンをしていました。

面接でも長期インターンのガクチカを話していたのですが、めちゃめちゃウケが良かったです。

もし私の長期インターンでの経験を書いたガクチカを知りたかったら以下の記事がおすすめです。

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の書き方を9つのステップで徹底解説。【ESはもう怖くない】ガクチカの書き方がわからない人のためにこの記事では9つのステップに分けてガクチカの書き方を解説しています。この記事を見れば通過率の高いガクチカを書けるようになるので、必ずチェックです。...

また、私は長期インターン経由でコネクションを作ることができ、実際その仲間に就活中に支えられました。

長期インターンをしている人は優秀な学生が多いため、情報感度が高く、有益な情報をたくさんもらうことができます。

このように長期インターンは経験としての付加価値だけでなく、就活にも役立つのです。

ちなみに長期インターンを探している場合は、One Careerを使うのがおすすめです。

One Careerは「ワンランク上の就活サイト」ということで、いわゆる有名企業やイケてるベンチャーなどの情報がたくさん載っています。

「どこで」長期インターンをしたのかというのは結構重要になってくるので、長期インターンの探し方がわからない人は一度「One Career」を使ってみるのがいいかもしれません。

外国語勉強

本気で勉強するなら、休学期間中に外国語の勉強をするのも割とおすすめです。

私は休学期間に半年間留学をして、TOEIC930点を取得することができました。

それを面接で話したところ、半年間の留学でTOEIC930点を取るところまで成長した努力が評価されました。

※ここでのポイントが「語学力」が評価されるのではなく、その語学力を身につけるところまでの「努力」が評価されることです。

そして、勘の良いみなさんなら気づいているかもしれませんが、「外国語の勉強」がおすすめであって、「留学」がおすすめではありません。

さらに細かくいうと、留学をすること自体は全く反対ではないですが、外国語を勉強するためだけに留学をするのは少しずれていると思っています。

今の時代、日本にいながらもオンライン英会話のようなサービスを使うことで、外国語に毎日気軽に触れることができるからです。

ちなみにもし、おすすめの英会話サービスについて知りたい人は以下の記事を確認することをおすすめします。

https://blog-with-hibiki.com/eikaiwa-beginner-online/

まとめ

ここまで記事を読んでくれてありがとうございます。

みなさんが就活を続けるのか、それとも休学をするのかの決定に少しでも貢献できたなら嬉しいです。

このブログでは他にも就活関連の有益な情報を紹介しています。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。