【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

不安や質問

【休息】鬱になってしまい就活をしたくない…。原因と対処法を知ろう。

就活生

鬱になりそうで就活したくない。どうすればいい?
就活を早く辞めたい、内定を簡単に取れる方法はないの?
就活でメンタルがやられそうになった時にはどうすればいい?

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • 就活がつらくて鬱になるのはあなただけじゃない
  • 比較的簡単に内定を取れる方法
  • 就活でメンタルがやられそうになった時の対処法

先に結論を言うと、就活のストレスって半端ないので、鬱になってしまうのは全くもって異常ではありません。

僕も就活を始めた当初は「自分ってどこからも内定もらえないんだろうな」と思っていました。

そんな僕でも内定をもらうことができたので、その方法も紹介しています。

それでは早速解説していきます!

就活がつらくて鬱になるのはあなただけじゃない

就活でかかるストレスは通常の生活では感じることができないストレス量と言われています。

それもそのはずで、人生においてこんなにもお断りされることはないですよね。

しかも自分の全力を出して気持ちを伝えても断られると、自分という存在が否定されているような気持ちになります。

Hibiki

僕も就活を始めた頃に「絶対に行きたい!」と思っていた企業にESで落とされた時は「もう就活なんてクソだ」なんて思っていました。

なのでまず理解して欲しいのが、「就活がつらくて鬱になるのはあなただけじゃない」ということです。

実際にTwitterの声を見てみましょう

就活生が本音を一番呟いているサイト、それがTwitterなので、確認してみましょう。

正直、僕が思っていたよりも就活がつらくて鬱になりそうな人が多い印象を受けました。

事実、近年の就活は二極化が進んでいて「複数内定をもらう人」と「内定を全くもらえない人」に分かれ始めています。

なので、今まで以上に「就活によってストレスがかかる」人が増えていることは予想できます。

Hibiki

ただ安心してください。就活で比較的簡単に内定を取れる方法を紹介しますし、就活によるストレスの対処法もしっかり紹介します。

そもそも就活で鬱になる場合の原因って何?

そもそも就活をしていて鬱になってしまうのには原因があります。

その原因を理解することで、適切な対処をできます。

なので今から「就活が引き起こす鬱」の種類を解説します。

  • 不安からくる鬱
  • 疲れからくる鬱
  • 周りの期待からくる鬱
  • 自分への失望からくる鬱

順番に説明します。

不安からくる鬱

皆さんは「自分が内定を取れないんじゃないか」という不安を感じたことはありませんか?

就活は「内定」か「内定じゃないか」の2つの結末しかなく、内定を取れない就活生は「負け組」のようなレッテルを貼られることが多いでしょう。

就活生

「周りの就活生は内定をもらっているのに自分は内定持っていない、どうしよう…」

こんな感じのことを思ったことがある人は、「不安からくる鬱」になっている可能性があります。

不安からくる鬱では以下のような症状が出やすいです。

  • 友達と会話したくなくなった
  • 食事が美味しくなくなった
  • 就活に対してアレルギー反応のようなものが出る

このような症状が出ている人は気をつけましょう。

※本当に辛い場合は周りの大人や学校の就活センターの人などに相談しましょう。

Hibiki

※ちなみにTwitterなどで「内定もらった〜!」みたいに呟いている人のほとんどは超エリートか嘘です。気にしないで就活を続けましょう。

疲れからくる鬱

就活って本当に忙しいですよね。
1日に何社も面接を受けたり、ESを書いたり。

ここまでタイトにスケジュールを組まなきゃいけないことは人生を通してなかったのではないでしょうか。

そんな忙しすぎる就活をしていると体にガタが来てしまう人もいます。

よくあるパターンとしては、就活をしなきゃいけないとはわかっているんだけど、なぜか体が拒否してしまうパターンです。

以下の症状がある場合は、就活に対する疲れから鬱がきている可能性があります。

  • ネガティブな気持ちが続く
  • なんとなく疲れが取れない
  • 趣味に全力になれない
  • 友達と遊ぶ気になれない

この症状が出ている人におすすめなのが、就活から一回離れることです。

サウナに行く、カラオケに行くなどなんでも良いので、リフレッシュに全力で打ち込みましょう。

周りの期待からくる鬱

あなたの親御さんはあなたに「有名な会社に行きなさい、そうしたら将来安泰よ」などとプレッシャーをかけていませんか?

こういったプレッシャーを受けていて、いつの間にかプレッシャーが重すぎて鬱になってしまう人がいます。

周りの期待に応えなきゃという責任感の強い人ほど、このタイプの鬱になりやすいです。

そしてこのタイプの人は自分が鬱なことに気づかず、完全に自分が壊れてしまうまで頑張ってしまいます。

まずは自分が就活をしている目的を考え、それが親の期待に応えるためだったら、就活の目的を考え直すことをおすすめします。

自分への失望からくる鬱

自己肯定感が低い人は、理想の自分と現実の自分のギャップから鬱になってしまいます。

自分の理想では複数社から内定をもらっている予定だったのに、一社からも内定をもらえていない。自分は何にもできない人間だ。

こう感じる必要は一切ありません。

この症状の人におすすめなのが、自分の理想を一気に下げることです。

例えば、内定一社でももらえたら、それで自分は就活の勝ち組だ!と思い込む方法などが良いかもしれません。

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら※22卒は対応終了。23卒は引き続き対応中。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら※22卒も引き続き対応中。

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒のみ対応中

【就活したくない人向け】比較的簡単に内定を取れる方法

ここからは就活をやりたくないけど内定が欲しいという皆さんのために、比較的簡単に内定を取れる方法を紹介します。

具体的には以下の3つを試しましょう。

  • 逆求人サイトを有効活用
  • 就活エージェントを有効活用
  • クローズドイベントを有効活用

順番に解説します。

逆求人サイトを有効活用

皆さんは逆求人サイトを知っていますか?

逆求人サイトとは、本来の求人サイトと違って、「企業が皆さんをスカウトする」形のサイトです。

感がいい人なら気づいたかもしれませんが、企業が就活生をスカウトする形のため、以下のようなメリットがあるんですね。

  • 自ら選考に応募しなくて良い
  • スカウトされるため、ES免除や一次面接免除などの優遇がある
  • 学生はプロフィールを登録するだけであとは放置でOK
就活生

それだけ聞くとめっちゃ便利そうに聞こえるけど、結局高学歴の人だけしかスカウトがこなさそう…

先に結論を言うと、今から紹介する逆求人サイト2つは「学歴」ではなく、「皆さんの人柄と強み」を見ているサイトになります。

なので、学歴や経歴の心配は必要ありません。

Hibiki

※もっと言うと、登録は無料なので、登録だけして自分にスカウトが来るか確かめるというのも全然アリです。

具体的なサービス名を挙げると、「Offerbox」と「キミスカ」という逆求人サイトが、学歴関係なくスカウトされるため、おすすめです。

Hibiki

ちなみにこの2つが国内最大級の逆求人サイトのため、安心して登録できますね。

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

就活エージェントを有効活用

比較的楽に内定をするには、自分以外の人の助けを借りることも重要です。

僕も就活生の時にそうだったのですが、就活生の多くは「自分の力でなんとかしなきゃ」とおもっていますが、そんなことはありません。

使えるサービスは使うべきですし、頼れる大人には頼るべきです。

そこで僕がおすすめするのが就活エージェントです。

就活エージェントは皆さんが内定をもらうと企業から報酬をいただけるビジネスモデルとなっています。

つまり、皆さんのゴールである「内定」と就活エージェントのゴールは同じなのです。

Hibiki

そのため就活エージェントでは皆さんのESを添削したり、面接対策をしてくれるところが多いです。

ただ就活エージェントには学生のことを「商材」のように扱う企業もあるので、要注意です。

僕は「JobSpring」と「キャリアチケット」という就活エージェントが安心して使えるため、推しています。

気になる人はチェックしてみることをおすすめします。

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。

キャリアチケット→就活生にも大人気の人材系企業レバレジーズ株式会社が運営する就活エージェント。1万人以上の就活生にアドバイスをしてきたコンサルタントが圧倒的な質のサービスを完全無料で提供。最短2週間で「内定」までいけるのはキャリアチケットのみ。

クローズドイベントを有効活用

みなさんはクローズドイベントって知っていますか?

クローズドイベントとは、一般的な就活イベントとは違い、少人数だけが参加できるイベントです。

多くの場合は、学生数十人に対して、企業が複数社と、学生対企業の割合が低いのが特徴です。

このイベントの何が良いかというと、企業の採用担当者とじっくり時間をかけて話すことができるだけではなく、優遇パスなどがもらえる可能性が高いことです。

Hibiki

実際に僕は過去に何回かクローズドイベントに参加し、選考パスをもらうことができました。

もっと詳しくいうとそこから内定をもらうこともできました。

なので、クローズドイベント、本当におすすめです。

就活生

具体的におすすめのイベントを教えてよ。

私が最もおすすめするのが、Goodfindという就活サイトが行っているFast Passというイベントです。

このイベントは1日に複数社と面接をすることができ、そこからほぼ確実に選考優遇パスをもらうことができます。

詳しくはGoodfindのサイトを確認してみることをおすすめします。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、就活のストレスがやばくて鬱になりそうな人に、

  • 就活のストレスの原因
  • 比較的簡単に内定を取れる方法

を解説しました。

このブログでは他にも就活生のための有益情報をたくさん公開しているので、ぜひ見ていってください。

もちろん完全無料です。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。