【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

おすすめ就活サービス

【就活生必見】おすすめの自己分析テスト4つをまとめました。活用方法も解説。

就活生

おすすめの自己分析テストが知りたい!
自己分析テストを使った自己分析方法ってある?

みなさんはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事はそんなみなさんにぴったりの記事となっています。

✔️この記事を読むとわかること

  • おすすめの自己分析テスト4選
  • 自己分析テストを使った自己分析方法

それでは早速解説していきます!

おすすめの自己分析テスト4選を紹介

時間ももったいないので、早速ですが、おすすめの自己分析テストを4つ紹介します。

よりおすすめできるものから紹介していくので、迷ったら一番最初に紹介するものからやってみることがおすすすめです。

  • Offerbox
  • キミスカ
  • Color Inside Yourself
  • 16 Personalities
Hibiki

ちなみに僕はここに書いてある4つ全て受けました。
この記事には僕の自己分析テストの結果も載ってます(笑)

Offerbox

就活生

え、Offerboxって逆求人サイトじゃないの?

そうです、そのOfferboxが就活にめちゃめちゃ役に立つ自己分析テストを提供しているんです。

✔️知らない人のために説明

Offerboxとは、21万人以上の就活生(就活生3人に1人)が登録しているサービスです。

登録企業数も7,000を超えており、逆求人サイト最大手になっています。

そんなOfferboxが提供しているテストが、AnalyzeU+という自己分析テストです。

名前だけ言ってもわけわからないと思うので、まずは僕がAnalyzeU+を受けた結果を載せます。

どうでしょうか?

正直、精度がめちゃめちゃ高い上にかなり細かく分析してくれます。

Hibiki

恥ずかしいですが、ここに載っている結果は自分が把握している性格とほぼ一致しています。

残念ながら規律性が低いのも僕の性格通りです。(笑)

この精度が非常に高いAnalyzeU+を無料で提供しているのが、Offerboxなので、ぜひOfferboxを有効活用してみましょう。

ちなみに…

このAnalyzeU+の結果を元に企業からスカウトが届きます。

つまり、

  • 自己分析テストで自分を知れる
  • 企業からスカウトが届く

と一石二鳥なんです。

キミスカ

こちらは大手逆求人サイトであるキミスカです。

Offerboxと一緒で、逆求人サイトは就活生のことを深く知る必要があるために自己分析テストが非常に充実していますね。

キミスカが提供する「キミスカ診断」も就活生の自己分析にめちゃめちゃおすすめです。

論より証拠なので、先に結果を見せると、以下のように自分の性格が出てきます。

正直、ビビるぐらい合ってますし、めちゃめちゃ細かく性格が診断されます。

キミスカ診断はもちろん精度が高いテストではあるのですが、最大の特徴は「職務診断」があることです。

就活生の皆さんは、

就活生

自分に合っている職種ってなんなんだろう?

と思ったことはありませんか?

僕もずっと悩んでいました。

働いたことがないので職種を決められないのは当たり前です。

サッカーをしたことないのに、ポジションを決めるようなものです。

そんな悩める就活生に、性格診断に基づいておすすめの職種を教えてくれるのが、キミスカ診断です。

僕の場合は「フットワークの軽さを必要とする職務」と言うことで、チームを作り上げるプロダクトマネージャー職で内定をいただきました。

Hibiki

実際、選んだ職種は自分に合っていると思いますし、キミスカの診断を受けて本当に良かったと思いました。

なので、キミスカ診断も就活生ならば絶対に受けるべき診断テストの一つです。

ちなみにキミスカでも、自己分析テストを参考にして、企業からスカウトをもらえます。

なので、おすすめとしてはOfferboxとキミスカの両方に登録することです。

ちょっとしたコツです。

Color Inside Yourself

Color Inside Yourself、通称CIYは「あなたの個性を活かせる環境」を探すための診断テストです。

CIYの最大の特徴は、26万通りの診断結果があると言うこと。そしてそれを完全無料で受けれると言うことです。

写真を選んで性格診断をするという特殊な性格診断なので、やっていて面白いのもCIYがポピュラーな理由となっています。

こちらも論より証拠だと思うので、まずはテスト結果を公開します。

ここで表示されているのはタイトルだけで、スクロールをすると細かい情報が出てきますよ。

CIYはかかる時間が20分以上と少し長いのですが、その分正確な診断結果が出てくるのでおすすめです。

※2021年8月現在

CIYの診断結果を元に企業からのスカウトが届くみたいです。

もともとはただの診断テストだったのですが、今では逆求人機能も搭載されたらしいみたいです。

16 Personalities

最後に紹介するのが、「16 Personalities」と言う自己診断テストです。

こちらのテストは知っている人が多いのではないでしょうか?

10分程度かかる質問に答えることによって、16の性格の中から一番当てはまるものを選ぶというテストです。

こちらは就活に特化というわけではなく、どちらかというと「自分の性格」や「どんな性格の人とマッチしやすいか」などが出てきます。

今回紹介したテストの中だと一番優先度は低いですが、時間がある人はぜひ挑戦してみてください。

自己分析テストを使った自己分析のやり方を紹介

ここからは自己分析テストを使った自己分析のやり方を紹介します。

自己分析テストをせっかく行っても、それを有効活用できないのであれば意味がないですからね。

具体的には、以下のステップで自己分析テストを使った自己分析を行います。

  1. まず自己分析テストを受ける
  2. そこで出た結果を元に、自分の強みや弱みが出た経験を思い出す
  3. いくつかの経験を思い出すことができたら、それは強み、弱みになる
  4. それを面接で話せばエピソードに困ることなし
  5. コツ:面接では一貫性が大事

それぞれ詳しく解説していきます。

ステップ1 まずは自己分析テストを受けよう

まず自己分析テストを受けなくては、自己分析を始めることはできません。

どの自己分析テストを受ければ良いかわからない人は先ほどおすすめした「Offerbox」「キミスカ」を受けましょう。

Hibiki

この2つがおすすめな理由は自己分析で必要な「強み」と「弱み」が明確に診断結果で出るからです。

自己分析テストを受けて診断結果が出たら次のステップへ行きましょう。

ステップ2 過去にその強み、弱みが出た体験を思い出す

診断結果が出たら、診断結果に書いてある強みと弱みが出た出来事を思い出しましょう。

私の場合だと、自己分析テストで出た強みと弱みは以下の通りでした。

  • 強み:好奇心旺盛に挑戦できること
  • 弱み:他人の気持ちを推し測れない時があること

この強みと弱みが出た経験についてよく考えてみると、過去にいくつも経験があることがわかりました。

強みが生きたシーン:ブログ

右も左も分からないなか始めて、今では毎月1万人以上に読まれるようになった。

弱みが出たシーン:高校

他の人の気持ちが分からず、文化祭を蔑ろにしてしまった。

このように自己分析テストで出た強みと弱みが過去に出た出来事はあるか確かめましょう。

これがステップ2です。

Hibiki

できるだけ多く洗い出すことができると説得力が増します。

ステップ3 いくつかの出来事で出た強み、弱みは本当の自分の強みや弱み

自己分析テストで出た強みや弱みは本当に自分の強みや弱みなのでしょうか?

それを図る方法として、出来事の数を使うことができます。

自分の強みや弱みが出た出来事が3回以上あったら、それは自分の強み、弱みと言っても良いでしょう。

逆に2回以下の場合、面接で「他のエピソードは?」と聞かれた時に詰まってしまいます。

それは避けたいので、改めて自分の強みや弱みは何か考えてみましょう。

自己分析テストがあなたの本当の強みや弱みから大きく外れていることはないので、おそらく診断結果に近いものが強みや弱みになっているでしょう。

ステップ4 それを面接で話せばエピソードに困ることなし

自分の強みや弱みがわかったら、あとはESや面接で堂々と話すだけです。

僕はこの方法で自分の強みを見つけ、面接で話していました。

「その強みが生きた他のエピソードは?」と聞かれても平然と返すことができました。

みなさんもぜひこの方法を使って自己分析をしてみてください。

もし自己分析をもっとやりたい方は、以下の記事で高精度の3ステップ自己分析を紹介しています。

【結局何すればいいの?】自己分析のやり方を超詳しく解説します自己分析のやり方が分からないという人多いのではないでしょうか?この記事では自己分析のやり方をどこよりも詳しく紹介しています。この記事を読めば自己分析で何をすればいいのか・どうすればいいのかわかります。...

コツ:面接では一貫性が大事

面接でのテクニックになりますが、面接では一貫性がめちゃめちゃ大事です。

強みや弱みが出たエピソードを複数用意するのも一貫性の観点からです。

どういうことかというと、強みが生きたエピソードが一つしかなかったら「それって本当にあなたの強みなの?」と疑問に思っても仕方ないですよね。

深ぼった時に他の強みが出てくると余計に疑い深くなってしまいます。

そして、疑われている面接は絶対に受かりません。

なので複数エピソードを用意する、すなわち一貫性を保つということを意識しましょう。

まとめ

ここまで読んでくださってありがとうございます。

今回は、自己分析テストのおすすめ4選の紹介と自己分析テストを使った自己分析方法を紹介しました。

自己分析テストは自己分析を助けるのに非常に便利です。

ぜひ自己分析テストを使って効率的に就活を終わらせましょう。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。