不安や質問

【体験談】就活の面接でESと違うことを言うのはやめよう。実体験を交えながら解説します。

  • 面接でESと違うことを言ってしまった。これはマイナスな評価?
  • 面接でESと違うことを言いたい場合、どうすればいい?

こういった疑問に答えていきます。

この記事を読むとわかること

  • ESと違うことを面接でいうのは控えるべき
  • ESと違うことを面接で言いたい場合の対処法
  • 僕が実際にESと違うことを面接でいった結果
Hibiki

この記事を読めば「ESと違うことを面接でいうのを控えるべき」というのがわかります。

僕の実体験も紹介します。

author

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※23卒&24卒対応中!

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※23卒&24卒対応中!

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。僕が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※23卒対応中!

ESと違うことを面接でいうのは控えるべし

タイトルでネタバレしていますが、ESの内容と違うことを面接でいうのはできれば控えたほうがいいです。

具体的な理由は以下の2つです。

  • 企業の人は意外とESを読んでいる
  • 面接のログが残されている

順を追って解説していきます。

企業の採用担当者は意外とESを読んでいる

これは僕の知り合いの企業の採用担当者から聞いた話ですが、企業の面接官の多くはみなさんの履歴書やESを面接前にしっかりと読んでいます。

ESを面接前に読む理由としては、

  • 面接前に就活生の基本情報を知りたいから
  • 「どんな質問を面接でしようか」と考えたいから

などの理由があります。

婚活パーティーでの例え

少し変な例えですが、婚活パーティーなどで事前に提案する自己紹介が、ESだとしましょう。

もし皆さんが今話している人が、自己紹介の紙の内容と全く違かったらどうでしょうか?

おそらく、その人に対して疑問を持つと思います。

それと一緒で、ESと違うことを話すと、面接官は、

あれ?なんかESと内容違うぞ…。この話本当なのか?って思ってしまうんです。

そうすると、スムーズに面接を通過する/内定を獲得する可能性が低くなってしまいます。

これが、ESと違うことを面接で話すのは控えるべき理由の1つ目です。

面接のログが残されている

こちらは一次面接では関係ありませんが、二次面接や最終面接には通じる話です。

企業の面接官は、皆さんが面接中に発言した内容を記録(ログ)に残しています。

それは上長への報告としてや、公平な面接をするためなどの理由があります。

そして面接官の多くは、面接のログをしっかりと見ています。

なので、面接でESと違う内容を話してしまうと、

面接官

あれ、面接のログに残っている情報と違うぞ。

と思われてしまう可能性があります。

そして、それが内定への道を険しくしてしまっているのです。

OBOG訪問や企業研究をして、言いたいことが変わった場合

OBOG訪問や企業研究をして、言いたいことが変わる場合もあると思います。

Hibiki

かくいう僕も、一次面接が終わった後の企業研究にて言いたいことが見つかり、二次面接でそれを言うかどうか迷いました。

企業研究のやり方を商社を用いてどこよりも詳しく解説します。【猿でもできる】

後ほど詳しく説明するのですが、先に結論を言うと、面接の途中で言いたいことを変えるのはできるだけ控えるべきです。

ただし、今まで言っていたことに追加する形で話すのはOKです。

Hibiki

後ほど詳しく説明しているので、しばしお待ちください。

どうしてもESと違うことを面接で言いたい場合の対処法

企業研究やOBOG訪問をしていく中で新たな情報に出会い、ESとは違うことを言いたくなることはありますよね。

そんな時はどのように対処するのが良いのでしょうか?

結論を言うと、「ESに書いてある内容を把握していることをアピールし、自分の非を認めてから、付け加える」です。

順を追って説明していきます。

① ESの内容を把握していることをアピール

まず、ESの内容を把握していることをアピールしましょう。

就活生はどうしてもたくさんの面接を受ける必要があるため、一つの企業に多くの時間を割けないのが、現状だと思います。

そのため、あまり興味がない企業のESは、面接直前に確認をすることすらしない人もいるでしょう。

ただ、それでは志望度が低いことがバレてしまい、面接官に良い印象を与えることができません。

なので、「御社は志望度が高く、しっかりとESを読んできているぞ」というのをアピールするのが大事です。

② 自分の非を認めよう

本来であれば、その企業の選考を受け始める前の段階で、その企業のことをしっかりと理解しておくべきです。

とはいっても、たくさんの企業を受けている就活生が、選考前に該当企業の全てを理解するのは不可能です。

なので潔く、

就活生

本来であれば、ESに書いておくべき内容だったのですが…

といったように、自分に非があることを認めましょう。

本当に悪いと思っていなくても、とりあえず謝っておくのが、就活においては最適です。

③ 最後に内容を付け加える

ESの内容を把握しているアピールをして、自分に非があることを認めたら、最後は付け加えたい内容を付け加えましょう。

それは、OBOG訪問で得た情報でもいいですし、就活サイトで得た情報でも大丈夫です。

大事なのは、

「選考を受けていく過程で、御社のことをもっと好きになったから、御社のことをさらに調べた」

というのをアピールすることです。

【厳選】22卒内定者が教える登録するべき就活サイト10選就活生がおすすめする就活サイトを知りたくないですか?今回は22卒内定者の僕がおすすめする就活サービスを紹介しています。無料のものばかりなので、マストチェックです。...

そもそもESの段階で固められるのがベスト

皆さんご存知だと思いますが、ESの段階でしっかりと志望動機や企業分析などを固めておくのがベストです。

なので、可能であれば、企業分析や特に志望動機の精度を最初から上げておきましょう。

ESについては以下の記事にて超絶詳しく説明しているので、ぜひ。

ESの対策方法をガクチカ・自己PR・志望動機ごとに解説【初心者から中級者向け】ESの対策って結局何をすれば良いのかわからないという疑問を僕は就活生の時に持っていました。そんな僕と同じ悩みを持つ就活生のために、「ESとは」から「ESに落ちる時に見直すべき項目」まで解説しました。...

僕が実際にESと違うことを面接で言った時の結果

ここからは実際に私が面接でESと違うことを言った時の結果について語りたいと思います。

先に結論を言うと、その面接は落ちました。

しかも、落ちていることを割と確信した状態で落ちました。

理由は、面接官に疑問を持たれたからです。

僕はガクチカで失敗

私はガクチカの話をしている時に、「結果としてAと言う結果を達成しました」と言ったのですが、提出したESには「Bという結果を達成した」と書いていました。

実際に私はどちらの結果も達成したのですが、ESと違ったことを言ってしまった瞬間、面接官の顔が曇りました。

そしてそこからは「本当にこのガクチカは正しいのだろうか?」と言う疑問を持ちながら面接をされた感覚がありました。

失敗から学んだ

私はこの面接の後からは、

  • しっかりESで書いたことを覚えておく
  • 面接で言ったことをパソコンにメモる

などをして、一貫性を持つようにしました。

特に面接で過去に言ったことと齟齬がないようにするのは非常に大事なので、スプレッドシートなどにまとめることをおすすめします。

僕が使っていたスプレッドシートが欲しい人は以下の記事内に添付してあるので、よかったらどうぞ。

業界を絞って就活するのはありです。【業界を絞って就活をした僕が解説】業界を絞って就活すると、次のようなメリットがあります。①企業研究に時間を使える、②その業界の知見が増えるため、面接などで説得力が生まれる、③時間効率が良い。デメリットは次の通りです。①手持ちカードがなくなる、②新たな出会いがなくなる、③固執した価値観に取り憑かれる...

まとめ

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。

今回は「ESと違うこと」を面接で言うのは控えようということを解説しました。

当サイトでは他にも就活関連の情報を公開しています。

もしよかったらぜひ。

この記事の読者におすすめ

【ロードマップ】就活の『始め方』から『内定獲得』までを徹底解説します 初めまして、Hibikiです。 Hibiki まずは軽く僕の自己紹介です。 22卒の就活生として、某有名ITベンチャー...
ABOUT ME
Hibiki
月間1万人以上が訪れる「就活生だからこそ言えること」を伝えるサイト、就活備忘録.comを運営しています。22卒/長期インターン2社→ITベンチャー。