【最もおすすめな就活エージェント】

JobSpring→圧倒的に丁寧な就活エージェント。本当におすすめする3社〜5社を紹介するため、学生に良心的。また、自己分析テストをもとに就活相談を進めてくれる。女性の利用率が7割を超えているため、女性も安心。中の人が実際にインタビューをして、おすすめできるか確認済み。※22卒も絶賛対応中。

【就活備忘録.comおすすめサイト】

Offerbox→登録企業数・登録学生数No.1の逆求人サイト。マイクロソフトや資生堂、ニトリなどの超大手企業が採用している。僕も使っていたが、大手からスカウトがちゃんと届いた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒は対応終了。

キミスカ→「ありのままの自分を」見せることがモットーの逆求人サイト。登録企業数が多いことはもちろんだが、最大の特徴は、学歴や実績などが関係ないこと。僕も使っていたが、性格を重視されている印象を受けた。(さらに詳しく知りたい人はこちら)※22卒も引き続き対応中。

全て完全無料なので、試してみても良いかもしれません。

就活

【内定者が語る】一次面接を絶対に通過するための対策とは?完全攻略します。

こんにちは、ヒビキです。

困ったくん

1次面接が今度あるのに、どうすればいいかわからない…。絶対に通りたい1次面接があるけど、どうすれば通れる…?

今回はこんな疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • 1次面接の特徴
  • 1次面接を突破するコツ
  • 1次面接で気をつけるべきこと
  • 1次面接で落ちる場合に見直すべき点

この記事を執筆している僕は、

  • 22卒就活生で有名ITベンチャー内定
  • 1次面接の勝率は7割以上
  • 採用に携わった経験あり

です。

早速解説していきます!

この記事は3分で読み終わります。

1次面接の特徴とは?

1次面接にはどんな特徴があるのでしょうか?

具体的には以下の2つの特徴があります。

1次面接の特徴
  • 志望動機が深掘りされることは少ない
  • 基本的な情報がみられていることが多い

詳しく解説していきます。

志望動機が深掘りされることは少ない

まず就活の面接全体について説明します。

大抵の企業の場合、面接は3回あります。

それは1次面接、2次面接、最終面接です。

基本的に最終面接では「入社意欲」が聞かれ、2次面接では「能力」や「志望動機」が聞かれます。

それに比べ、1次面接では人事担当者が登場し、みなさんのガクチカや自己PRなどを中心に質問します。

これがなぜかというと、1次面接は「ネガティブチェック」の面接だからです。

ネガティブチェックとは、100点満点からマイナスをしていく減点方式の採点です。

2次面接に学生を上げるにあたって、「やばい学生」を排除するためにあるのが1次面接です。

まとめると、

1次面接では学生の経験や自己PRを中心に聞き、「やばい学生」であるかの判断のために時間を使い、

志望動機などは2次面接以降で聞いてもらうという仕組みを作っています。

これが一つ目の特徴です。

基本的な情報がみられていることが多い

1次面接はネガティブチェックの面接と言いました。

それでは、ネガティブチェックの面接をする目的ってなんでしょうか?

それは、2次面接以降に「やばい学生」をあげるのを避けるためです。

2次面接以降では、現場のマネージャークラスのそれなりに重要な役職の人が出てきます。

その人に「なんでこんな学生を通したんだ」と言われないように最低限を保障する面接をするのです。

ではやばい学生を排除するためには、どんな情報を得るのが最適でしょうか?

「基本的な情報」ですよね。
ガクチカや自己PRなどのベーシックな質問をして、その回答をみて、「やばい学生」を排除するのです。

これが1次面接の2つ目の特徴です。

1次面接を突破するコツとは?

ここまでは1次面接の特徴を紹介しました。

ここからは1次面接を突破するコツを紹介していきます。
僕は実際にこのコツを意識して、勝率7割以上を叩き出しているので、ぜひ意識してみてください!

1次面接を突破するコツ
  • ガクチカ、自己PRを仕上げる
  • 会話を意識する
  • 聞かれていなくても志望度をアピールする

ガクチカ、自己PRを仕上げる

先ほどから何回も言っていますが、1次面接で聞かれる内容は「ガクチカ」と「自己RP」が多いです。

聞かれ方はさまざま方法がありますが、聞かれる内容としてはこの2つが多くを占めます。

これって逆にチャンスではないでしょうか?

聞かれることがわかっているなら、その質問に対して完璧に回答を仕上げれば、ほぼ落ちることってありませんよね?

なので、ガクチカと自己PRを完璧に仕上げましょう!

ただし、ガクチカと自己PRの考え方をしっかりと理解していないと、いくら対策をしても意味がありません。

以下の記事で、ガクチカと自己PRの考え方を紹介しているので、まずはチェックしてから対策を始めることをおすすめします。

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の書き方を9つのステップで徹底解説。【ESはもう怖くない】ガクチカの書き方がわからない人のためにこの記事では9つのステップに分けてガクチカの書き方を解説しています。この記事を見れば通過率の高いガクチカを書けるようになるので、必ずチェックです。...
【就活】自己PRの書き方を6つのステップで徹底解説。【僕はこれで通過できた】自己PRの書き方は以下の6つのステップに分けることができます。①:自分の強みを簡潔に言う、②:それを象徴するエピソードの概要を簡単に言う、③:課題の背景の説明、④:課題に対して取った施策とそのなかで活きた強みを説明、⑤:施策の結果、⑥:その強みを会社でどのように活かすか。詳しく解説しています。...

会話を意識する

しつこいようですが、1次面接はネガティブチェックの面接です。

「やばい学生」をはじくために行われている面接と言っても過言ではありません。

そう言うと、多くの学生は、

困ったくん

自分はちゃんと会話もできるし、やばい学生ではないだろう。

と思っています。

ですが正直に申し上げると、聞かれたことに対してしっかりと返答をできる学生は多くないように思います。

例えば、「あなたはバイト先でどのようなバリューを発揮したのですか?」と聞かれた時に「私はリーダーでした」と言ったような返答をする人を見ます。

これは会話が成り立ってないですよね。
どんな「価値」を発揮したのか聞いているのに、どんな「役割」をしたのか言われても、返答にはなっていません。

会話を意識して1次面接に臨みましょう。

聞かれていなくても志望度をアピールする

ここが、ギリギリのラインにいる就活生が「通る」か「通らない」かを決定する要素になると思っています。

確かに1次面接はネガティブチェックな面接ですが、面接をしている以上、面接官はあなたがどれくらいその企業に入りたいか知りたいのです。

と言うのも、みなさんがもし内定を承諾した場合、面接官は皆さんと一緒に何十年と働く可能性があるのですから。

なので、聞かれていなくてもさりげなく面接官に志望度を伝えることを意識しましょう。

例えば、「あなたはどんな性格なのですか?」と聞かれた時に

私は「〇〇な性格です。この性格は御社で活躍されている社員さんと似ているところがあると思っています。なので御社を志望しています」

といった感じで、志望度を会話の中にプラスαで入れてあげることが重要です。

これが3つ目のコツです。

1次面接で気をつけることとは?

ここからは1次面接で気をつけることを紹介します。

以下が1次面接で気をつけるべきことです

1次面接で気をつけること
  • 無駄なことは言わない
  • 集団面接の場合は周りの話をしっかり聞く
  • 聞かれていることにしっかり答える

無駄なことは言わない

何度も言っていますが、1次面接はネガティブチェックの面接です。

そのため、減点にならないことを言い続ければ基本的には受かります。

困ったくん

無駄なことってどんなこと?

例えば、「他社ではこんな志望理由で志望しています」や「他にはこんな企業を気になっています」などです。

他社の魅力を語るなんてことは基本的には言語道断です。

聞かれた質問にしっかりと答え、重箱の隅を突かれそうな返答は絶対に控えましょう。

集団面接の場合は周りの話をしっかり聞く

大企業や人気企業の場合、1次面接の面接人数が多く、集団面接を行う時があります。

集団面接の場合は、周りの話をしっかり聞きましょう。

企業によっては、他の就活生が話した内容に質問をさせる企業もあります。

また、人の話を聞く姿勢を見ている企業も非常に多く存在します。

なので集団面接の場合は、他人の話をよく聞き、自分の出番になったらハキハキと答えるようにしましょう!

聞かれていることにしっかり答える

こちらは繰り返し言っているのでしつこいかもしれませんが、聞かれていることにしっかり答えれるように気をつけましょう。

面接は「会話」をベースとした試験なので、会話のリズムが重要になります。

みなさんの経験のなかで、会話が弾んだ面接は通過する可能性が高いという感覚がある人もいると思います。

それは会話のリズムが良く、会話が弾んだからだと言えます。

逆に一問一答のような面接になった場合、落ちてしまうことが多い印象を受けます。

このように面接では聞かれたことにしっかり答えて、会話のリズムを作り出すことが大事なのです!

1次面接で落ちる場合はここを見直すべし!

最後に1次面接で落ちてしまう人に、見直すべきポイントを解説します。

1次面接を受けているということは書類選考を通過しているということでしょう。
せっかく書類選考を通過したなら、1次面接も通過できるように見直しましょう!

1次面接で落ちる人が見直すべきポイント
  • 圧倒的にマイナスなポイントがある
  • ガクチカ、自己PRの完成度が低い

圧倒的にマイナスなポイントがある

1次面接で落ちてしまう人には、圧倒的マイナスポイントがあるかもしれません。

例えば「コミュニケーション能力が低すぎる」や「企業の理解度が低すぎる」などの原因があげられます。

何度も言っていますが、1次面接はネガティブチェックの面接です。

すなわち、マイナスになるようなことを改善すれば「通る」ようになるはずです。

困ったくん

自分ではどこが「マイナスポイント」なのかわからないんだけど…

確かにその通りだと思います。
わかっていたらすぐに改善できますからね。

マイナスポイントが知りたい人は、フィードバックがもらえる面接をしましょう。

例えば先輩に模擬面接をしてもらったり、友達に模擬面接をしてもらったりといった感じです。

✔️模擬面接を頼める先輩や友達がいない場合

その場合は、「就活エージェント」を使いましょう。

就活エージェントは他己分析や模擬面接を完全無料でしてくれるので、使い倒すことを強くおすすめします。

私がおすすめする就活エージェントはJobSpringです。

もし気になる人は以下のインタビュー記事をご覧ください!

【評判】就活エージェントサービス「JobSpring」についてインタビューしました! こんにちは、ヒビキです。 みなさんは就活エージェントサービスを使ったことはありますでしょうか?コロナウイルスの影響でオンライン化...

✔️その他の登録マストな就活系サービスも以下の記事でまとめているので、ぜひ!

【見逃し厳禁】22卒就活生が教える絶対に登録するべき就活サイト10選! こんにちは、就活備忘録.comを運営するHibikiです。 僕は22卒就活生でしたが、早期選考で某有名ITベンチャーから内定を...

ガクチカ、自己PRの完成度が低い

1次面接で基本的に聞かれる内容は「ガクチカ」と「自己PR」です。

もし1次面接で何回も落ちてしまう場合は、ここが原因かもしれません。

ガクチカに関しては、根本的な考え方が違う。
自己PRに関しては、そもそもの強みが違う場合があります。

就活において、ガクチカと自己PRは早かれ遅かれ絶対に極めるべきです。

今からでも改善しましょう。
具体的には以下の記事を読んで、そもそも「ガクチカとは?」「そもそも自己PRとは?」というところから考えることがおすすめのステップです!

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の書き方を9つのステップで徹底解説。【ESはもう怖くない】ガクチカの書き方がわからない人のためにこの記事では9つのステップに分けてガクチカの書き方を解説しています。この記事を見れば通過率の高いガクチカを書けるようになるので、必ずチェックです。...
【就活】自己PRの書き方を6つのステップで徹底解説。【僕はこれで通過できた】自己PRの書き方は以下の6つのステップに分けることができます。①:自分の強みを簡潔に言う、②:それを象徴するエピソードの概要を簡単に言う、③:課題の背景の説明、④:課題に対して取った施策とそのなかで活きた強みを説明、⑤:施策の結果、⑥:その強みを会社でどのように活かすか。詳しく解説しています。...

まとめ

今回は、1次面接の対策や注意点などを解説しました。

1次面接は就活における最初の関門です。

この記事で取り上げた内容をもとに改善していきましょう!

他にも就活系の情報をたくさん発信しているので、もしよかったらぜひ。

ABOUT ME
Hibiki
就活備忘録.comの中の人。MARCHの大学生。就活生に後悔してほしくない想いで、このサイトを運営中。